人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

茶の湯の道具展 その3 釜・炭道具 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その3 釜・炭道具 (MOA美術館



☆天明責紐釜

達磨形っぽいフォルム
天明特有の荒れたペリペリ肌
口からつながった鐶付はほぼ正方形で丸穴

b0044754_1623018.jpg


◎芦屋姥口釜

姥口がふっくら
落込蓋も合っている
荒肌
底は浅い
佐竹家伝来とか


☆万代屋釜 辻与次郎作

b0044754_1624544.jpg


萬代屋釜ってなぜか好きじゃなかった
でも
それは写し物しかみないで言ってる邪見だった

本歌はいいぞ!

目から鱗の嬉しい出会い

元は天明の釜を利休が与次郎に写させたんだとか
天明っぽい、与次郎らしい荒れ肌
かなり大振り
特に深さがある
口がかなり大きいのもよい
(最近のいわゆるお茶道具では、写しとか言いながら、やけに口の小さい釜ばかり・・・何故?)
蓋は一文字、ってのもいいな
(与次郎釜には盛蓋、とばかりに、やたら盛りたがる向きあり)


○切合四方風炉釜 金森徳元作 (16~17c)

b0044754_163160.jpg


四角い風炉に丸い切合釜がのる
釜の文様は雲文に鳥居と社
空の部分には細かな霰
蓋は掻立鐶


◎南蛮内渋灰器
○風炉用灰匙

b0044754_1631555.jpg


◎かもめ羽箒

先と脇の白が効いてる
by so-kuu | 2013-11-13 22:20 | 茶道具 | Comments(0)

茶の湯の道具展 その2 花入・香合 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その2 花入・香合 (MOA美術館


・伊賀耳付花入

b0044754_15595727.jpg


△竹一重切花入 銘 西王母 小堀遠州作

腰の引けたナリ
女性的と言うか
ナヨいというか

*細川三斎の「前へ踏み出したる」とは対照的
*この点、織部の竹花入も弱々しいかも
*このことについては、別途メモしたいと思う



○染付荘子香合

蝶の絵

b0044754_1601746.jpg



・志野一文字香合

絵は桐か
by so-kuu | 2013-11-13 22:10 | 茶道具 | Comments(0)

茶の湯の道具展 その1 掛物 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その1 掛物 (MOA美術館


◎無準師範 歸雲
b0044754_1852953.jpg

b0044754_1556030.jpg



◎宗峰妙超 「秋風偈」
b0044754_1853562.jpg

b0044754_15563738.jpg


秋風淅ヽ しゅうふうせきせき
秋水冷ヽ しゅうすいれいれい
千辛萬  せんしんばん
苦負笈  く きゅうをおい
擔筌   とうをになう


☆一休宗純 「薫風自南来」
b0044754_1862438.jpg

b0044754_15564875.jpg

by so-kuu | 2013-11-13 22:00 | 茶道具 | Comments(0)

吐く息の白く見えた日 (開炉2013)

今朝

今年初めて

吐く息が白く見えた


よーし

いいぞ


今年のマイ炉開き

解禁!





***

炉開きはいつ? 茶の湯の習わしと自然ということ」

炉開きはいつ? その2 2012年のマイ炉開きの時季をさぐる

***
by so-kuu | 2013-11-13 07:32 | 自然ということ | Comments(0)

井戸フェス2013 at 根津美術館 序 (「井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ」展)

b0044754_15364425.jpg


根津美術館を訪ねた


「井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ」展


薄汚れたような黄土色の丼みたいのが

もう、いっぱい

というか

それしかない
b0044754_19155866.jpg

(画像wwwより)


何ということ!

何と言おうか?


井戸フェス2013!

あるいは

井戸まつり!


いや


何も言うまい


ただ


会期中何度も足を運ぶことになりそうだ・・・


*前期のみ(12月1日まで)の展示品は、「福島」と「忘水」。僕には共に2回観たい品でもない
*後期(12月3日~)には、大阪・藤田美術館から、「蓬莱(または武野、または紹鴎)」と「老僧」の2碗が来る!
*なので、前期に1回、後期になってから何度か観に行こう



追記:


結果、3回観に行った

それぞれの時に、みえたもの、感じたことが、いろいろある

改めて書き留めておこうと思う



(つづく)
by so-kuu | 2013-11-10 22:29 | 茶道具 | Comments(0)