人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

茶数寄の旅 2013秋 12 紫野和久傳 大徳寺店

茶数寄の旅 2013秋


12 紫野和久傳 大徳寺店

大徳寺月釜のついでに寄ってみる
現在、1階のおもたせ(弁当・和煮・菓子など)販売のみ
本当は2階の「典座料理」を頂きたかったんだけれど、休止中とか
モダン・ジャパニーズなお店もステキなのに勿体ないこと
by so-kuu | 2013-11-18 23:10 | 懐石 | Comments(0)

茶数寄の旅 2013秋 11 紫竹庵

茶数寄の旅 2013秋


11 紫竹庵


大徳寺月釜の後、
他の塔頭もお訪ね、
その後、近くの紫竹庵の店に初めて寄ってみた

以前たまたま求めた
「京松風(味噌松風)」がなかなかだったので
また試してみることに

他に
”松風の上の部分を薄く切り取って乾かしたようなの”
も買ってみた

また
出来たてのわらびもちも頂いた
by so-kuu | 2013-11-18 23:04 | 菓子 | Comments(0)

茶数寄の旅 2013秋 4 松屋常盤

茶数寄の旅 2013秋 4 松屋常盤


久々の松屋常盤さん
予め注文しておいたのを
師匠のところなど
方々に発送して頂く
1箱だけは自分用





松屋常盤さんの松風はしっとり贅沢な風味が身上
出来ればその場ですぐ食べたい
当日中、あるいは翌日昼までがよいところ
半分を翌日の夜に食べたら、もう別物になってた


*名物のきんとん
数年前から注文をうけていない
茶の湯菓子の至宝がひとつ失われようとしているのは残念しごく
by so-kuu | 2013-11-18 22:56 | 菓子 | Comments(0)

茶数寄の旅 2013秋 3 柳桜園茶舗

茶数寄の旅 2013秋


3 柳桜園茶舗


二条通りの柳桜園さんに寄る

祝の白か錦上の昔の、特別挽上のを求めようと思ったんだけれど
限定の「炉開き抹茶」が、さらに茶葉が上等だ、と言うので、そちらを頂く





*柳桜園さんと言えば・・・

こちら、柳桜園のお茶の缶(包装)は、いわゆる大手のような密閉型ではない
缶に直接抹茶を入れて薄紙一枚をパッキン替わり(密閉効果はない)にして缶の蓋をかぶせる、というシンプルな形式

なので
きちんと保管しないと、劣化が比較的早い、と言えるだろう

だから
旅を終えて家に戻るとすぐに、缶ごとラップで包んで、更にジップロックの小袋に入れて、冷凍庫にしまった

これは、逆に言えば、
工場で大量生産ではなく、少量ずつ挽きたての抹茶を小売する、という柳桜園さんの強みでもある
と僕は考えている
なので、密閉保管の手間くらい、喜んで自分でかけるつもりだ

そして、なるべく早く、美味しい所を頂ききりたい

お茶の味にこだわらなくっちゃ茶人じゃないもの
by so-kuu | 2013-11-18 22:50 | | Comments(0)

茶数寄の旅 2013秋 2 鳩居堂

茶数寄の旅 2013秋


2 鳩居堂


寺町の鳩居堂に寄る
練香をみに
結局
旅先から出す一筆箋と封筒を求めた
by so-kuu | 2013-11-18 22:35 | 茶道具 | Comments(0)

茶数寄の旅 2013秋 1 有次

茶数寄の旅 2013秋 


1 有次


出刃包丁を見に寄る
けれど
腕を上げてから、とお預けにして
調理器具をいくつか求めて
試してみることに
by so-kuu | 2013-11-18 22:27 | 懐石 | Comments(0)

茶の湯の道具展 その7 その他 (MOA美術術館)

茶の湯の道具展 その7 その他 (MOA美術館


b0044754_16264237.jpg

by so-kuu | 2013-11-13 22:55 | 茶道具 | Comments(0)

茶の湯の道具展 その6 茶碗 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その6 茶碗 (MOA美術館


◎+古井戸茶碗 銘 常盤
b0044754_17592788.jpg

b0044754_1622382.jpg



☆瀬戸黒茶碗 銘ワラヤ
b0044754_17594372.jpg

b0044754_1622574.jpg



黒楽茶碗 銘 あやめ
b0044754_1801134.jpg

b0044754_16231697.jpg

b0044754_16233840.jpg



◎色絵金銀菱文重茶碗
b0044754_1804863.jpg

b0044754_1624389.jpg

by so-kuu | 2013-11-13 22:50 | 茶道具 | Comments(0)

茶の湯の道具展 その5 茶杓 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その5 茶杓 (MOA美術館

◎宗易共筒

b0044754_1618726.jpg


織部作と近い作行き
いわゆる利休宗易作の茶杓と織部作の茶杓の中には、一部同じ下削り師によるものが含まれているのでは?
と僕は感じている


○千少庵作 一翁追筒

b0044754_16182432.jpg


浅樋の竹材
やや下り節
蟻腰もおおらかで自然
櫂先なめらかな丸み
丸撓め
節下皮削ぎ

た・お・や・か


◎古田織部作 一翁追筒

b0044754_16183679.jpg


上記宗易作と似ているといえば似ている
蟻腰の高さ強さ
矯めがやや直線的
など織部作らしいと言えば言えるか
深樋の一本樋は織部の典型か


△遠州作 共筒 歌銘

b0044754_16185493.jpg


ともかくも
ひとにまかせてまけられよ
茶杓もへらも
やふのかき竹

(竹材にはやたらと拘るけれど
所詮調達も下削りも人任せ)
by so-kuu | 2013-11-13 22:40 | 茶道具 | Comments(0)

茶の湯の道具展 その4 茶入 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その4 茶入 (MOA美術館


○金森肩衝茶入

肩衝
だけれど
形に丸み
太鼓胴
肩辺りに斑入
裾土見

袋は・・・
宝尽緞子
剣先金襴
青木間道

b0044754_1610397.jpg


○羽室文琳茶入

文琳形でやや平
口の捻り返しつよく曲線的

大名物
漢作

仕覆・・・靭屋緞子
     紺地剣先龍紋金襴
     紺地青木間道
     笹蔓緞子
盆・・・・藤重作黒塗四方盆
書付・・・遠州
伝来・・・羽室家~堺の薬師院~土浦城主土屋相模守~若狭酒井家代々・伯爵忠道~益田家~岡田茂吉
所持・・・MOA美術館


b0044754_1737933.jpg



瀬戸渋紙手茶入 銘 山桜

b0044754_17312338.jpg


・高取褐釉茶入 銘 横嶽 中興名物

b0044754_1734117.jpg

by so-kuu | 2013-11-13 22:30 | 茶道具 | Comments(0)