茶の湯名人・武野紹鴎の眼 (目利きと目明き)

 
***

(前略)

それから、紹鴎は茶の湯の名人ですから、目利きにすぐれていたわけです。紹鴎の目利きというのは、大変なもんで、目利きの区域を通り越しちゃって、目明きだったといわれています。前章で、目利きと目明きの違いについてお話申し上げましたけれど、目利きというのは、まあ、一つの茶器についての、いわれとか、美術的価値とか、そういうものを見抜く能力です。ところが、目明きとなりますと、茶器と限らずに、人間生活に用いられる、あらゆる道具ですね。それから、自然界の森羅万象。すべて、そういう物の中から美を発見する能力のことです。目明きとは、そういった大きな目が開いてなければならない。紹鴎は、それだったんです。

***


つづけて


***

利休も紹鴎に劣らぬ目明きだったと、いわれております。今日は、その目明きのお話になるわけですが、どうも、私だって目があいてるから、盲目じゃないんですけれど、紹鴎ほどの茶人になると、どうも、普通の人間が見えないところが見えるらしいんです。見えない美というものがある。つまり、凡人がなんでもないと思っているような物に、すばらしい美を発見し得るだけの、眼力ですね。紹鴎には、この眼力があった。

***

さらに・・・


***

『山上宗二記』を見ますと、こういうことが書いてある。「当代千万の道具は、みみな、紹鴎の目明きを以て召し出さるるものなり」と。千万のお茶の道具です。色んなお茶の道具が、紹鴎時代にできていたんです。今までに見たこともないような変わったお道具がね。それは、みんな紹鴎の目明きによって発見されたんだ、茶道具として取り上げられたんだ、というわけです。今まで茶器でないものが。全部、茶器として取り上げられた。ところで、皆さまがお茶会を催される場合、こんな物はお茶器として使えないとか、お茶器っていうのはこんなものでなければならないとか、形式ばった、むつかしいことをおっしゃる。それは、それで一応いいんですけれど、さらに目を広く開いて、今までお茶器にならなかったような物に、茶の美を発見し、それを茶器に使いこなすだけの、眼力も必要だと思います。紹鴎や利休は、それをやったんですね。つまり、目明きだったんですね。それでこそ茶道を大成した人といわれるわけです。

(後略)

***


さて

如何?



(・・・茶の湯凡人の目 (いわゆる「見立て」の罠)、ということについても、考えさせられていたところだ・・・)
[PR]
by so-kuu | 2013-05-20 12:45 | 茶人 | Comments(0)
<< 茶の湯凡人の目 (いわゆる「見... 現代の侘び住まい、とは・・・ ... >>