「中興名物」 (と「名物」・「大名物」)

「中興名物」は、名物だろうか?

---

「中興名物」とは、小堀遠州が取りあげた道具で、
それに、遠州を敬愛した松平不昧が「中興名物」と名付けた、
というものである

---

それが名物なのか?そうでもないか?

は、意見が分かれるところだろう。

遠州の好みに共感する人は、あるいは不昧の好みをよしとするひとは、中興名物を名物だと評価するだろうし。
趣味の合わない人にとっては、中興名物は、名物というほどのものではない、となるかも。

---

ここで、ちょっと茶の湯ヒストリーをみてみると・・・

室町時代末期から安土桃山時代に隆盛をみた茶の湯という遊び

徳川時代になって、数寄の御成など、礼式としての茶の湯が成立すると、
諸大名は(好きでも嫌いでも)茶の湯を嗜む必要が生じた

でも、増大する茶の湯の機会・茶道具に対する需要(ニーズ)、すなわち、伝世の名物茶道具は圧倒的に少ない

そこに“新たなる名物道具”なる、ニーズ(需要)および供給(サプライ)が生まれた

というのが僕の見立て

具体的には、
3代将軍家光の茶の湯師範の肩書を持った小堀遠州が、
自身の目に適う品物を選び出し、よいものだ、というお墨付きを与え、
諸大名の茶の湯ニーズに応えた、ということだろう

諸大名からすると、将軍家の茶の湯師範(である小堀遠州)が認めた品ならば、蔵品に加え、接待に用いる格好がついたのだろう

諸大名と小堀遠州の協力・コンセンサスのもとに“新たなる名物道具”が数多生み出されていった、時代の産物、とも考えられる

---

ここで、考えてみれば、
本当によい道具は、それ以前に、すでに名物の扱いを受けているはずで、
それがいわゆる

「大名物」
 (・・・主に室町時代に足利将軍家が所持していた道具(東山御物)と、利休時代までに、すでに最高位に評価されていた道具。)

「名物」 
(・・・主に利休時代に著名になった道具をいう。織田信長や豊臣秀吉が千利休や津田宗及らに選ばせたり、名物狩りと称して収集したコレクション)

なのだ

---

遠州は、それらのセレクションに漏れた、残りものに、名物のレッテルを張った、とも言えるだろう

あるいは、
時代が下って、茶の湯の好みも変わり、
その時代の茶の湯を主導した遠州が、自身の美意識をもって選んだ、とも言えるだろうけれど

それらの新・名物は、その後ずいぶん経って、江戸後期に、松平不昧によって、「中興名物」と名付けられた

(実は、「大名物」・「名物」も、「宝物」と並んで、不昧による、分類・呼称だとか)

松平不昧は、個人的に、遠州の好みを良しとしていたのだから、そりゃ「中興名物」はよいものなのだろう
だから、“中興の名物”と名付けた訳だ

---

さらに時代が下って
近代(明治・大正・昭和)になると、
いわゆる「近代の数寄者」という人たちが現れて
彼らの財力によるいわゆる「道具茶」というのが出てくる

彼らは京都の千家家元の権威を嫌ったのか
いわゆる千家名物をそれほど(千家組織茶道全盛の戦後の茶道界のそれほど)重んじていない(人が多い)

一方で、
逆に、松平不昧の人気が高かったのが面白い
例えば、高橋箒庵
例えば、小林一三
茶道具コレクションが社交にものを言った、というところが、彼らを結び付ける共通項かも?

松平不昧による「雲州蔵帳」と
そして高橋箒庵による「大正名器鑑」によって
いわゆる「中興名物」は大いに名を上げた

さらにさらに時代が下って、現代にいたるまで
遠州好み・不昧好みの茶道具をよしとする、というひとの多くは
少なからず彼ら、いわゆる「近代の数寄者」たちの茶道具観や物言いに
知らず知らず影響を受けているようだ

---

もうひとつ、
自ら石州流の茶を学び、石州風の茶杓を多く削った不昧が
石州好みの茶道具に、それほど執心しているようにはみえない
というのも不思議で興味深いところ

同じく、
近代の数寄者で
片桐石州の茶道具、そして彼の茶の湯を顕彰しようという人があまり見られないうぴなのも
これまた、不昧びいきのなせる業か

---

さてさて

いずれにしても、

今度、根津美術館で、「遠州・不昧の美意識」という展覧がある。

楽しみに、観に行こう。

僕は、僕の眼で、

遠州さんの眼と、

不昧さんの眼と、

なにより、

たまたま中興名物と名付けられた

裸のモノと

出会ってみよう、

と思う。




名物の分類、といったことについては、追ってまとめておこうかな?

[PR]
by so-kuu | 2013-02-08 23:37 | 茶道具 | Comments(0)
<< 初午2013 五島美術館 時代の美 第3部 ... >>