羽箒を 取らば 構えて 一呼吸 (炉の炭手前)

 
 
***

羽箒を 取らば 構へて 一呼吸

***


炉の炭手前では、羽で炉縁を清める所作が3回あり。

その際、亭主が羽箒を持つことが、客が炉辺に寄ったり客座に戻ったりする合図、という約束になっている。

だから。

羽箒を右手で取ったら、左手を添えて構えて、そこで一呼吸間を作って差し上げる。

客が動くきっかけを、無言にしてわかりやすく、作って差し上げる。


主客一致・一座建立のための所作は美しいな。


(追記:あまり、かっこつけたりせず、自然と主客が通じ合うのが一番なのだけど)
[PR]
by so-kuu | 2010-01-21 23:16 | 点前 | Comments(0)
<< Little Lima リトル... 十牛図 総序 鳥道の跡無きが如... >>