「江戸のダンディズム」展 根津美術館 (刀は美術品か?武器か? 僕の刀剣好み)

根津美術館で

「江戸のダンディズム」展をみた

(本当は2階の「季夏の茶の湯」が目当てだったのだけれど)


「刀剣乱舞」の影響で
刀剣観賞がにわかに注目をあつめたようだけれど

実際
美しい刀は美しいものだ

ところで
僕は刀をよく振っている

振ってみれば、
長年かけて武道を修練してみれば、
刀というものが、ものを(人を)斬るために、攻めるため、守るために、よーく出来た武器であることが実感出来る

そんな僕にとっては
刀はまず使う道具で
その美しさは知っているけれど
美術品としての刀剣観賞にはあえて深入りしないようにしてきた

今回の展覧会は
刀そのもの
に加えて
鍔・拵・三所物などの刀装具
印籠や根付など
江戸期の美術工芸品を展示

工芸品である以上
手の込んだものが尊ばれるようだ


江戸時代の武士はよっぽど暇だったんだなー

と感じたことだ

刀で戦う事がないからこそ
刀を贅をこらした工芸品にするんだろう

身分・格式を示すんだか何だか知らないけれど
江戸も時代が下れば下る程
贅沢・豪華・華麗な“作品”が生まれる

で、幕末になると、
動乱の中で、再び、実用品としての刀が出てくるんだろう

と言う訳で
僕はあまり派手な刀・拵・刀装具を好まない
刀身のかなりの部分に透かし彫り、なんてのもちょっと頂けない

僕にとって刀は作品でなく道具でいい
自分の(文字通り)身の丈に合った、使いやすい刀を選び、あえて質素な渋い拵にしたいと思う

明智拵
あるいは
歴戦の武将である細川三斎公が自ら工夫・考案したとされる
肥後拵(初期のものに限る)
あたりに好感が持てる

鍔は
実用として
少し小振りなのが僕には使いやすい
雲か雲板のデザインで好みたい
と思っている


(ふと思ったことメモ)






[PR]
# by so-kuu | 2015-07-21 22:49 | 茶剣禅一如 | Comments(0)

投機の語 堀内宗心


***

自ら問う。
無住の時如何と。
代って云。
茫々として天地と同じ。
己に住せず、
時に住せず、
寒暑を離れ、
生死を離れ、
怖も又無し、
ただ常用無住なり。

(「投機の語」 堀内宗心)

***







[PR]
# by so-kuu | 2015-07-21 22:18 | 茶禅一味 | Comments(0)

茶の語 堀内宗心



***

茶は菩薩道なり。
悟後の所作なり。
未だ見性せざる時は逐一ゆるかせにすべからず。
了悟すれば楽み正に倍するに止まらざるべし。
明々に如来を見、猩々に菩薩を知る。

(堀内宗心)

***

[PR]
# by so-kuu | 2015-07-21 22:14 | 茶禅一味 | Comments(0)

夏至 summer solstice 2015

夏至


そうか


今日

一年でもっとも

日が長いのか


そして

明日から

日は短くなるのか


当たり前だけれど

そんな当たり前のことが

毎年同じように繰り返されることに

たしかな安心を感じる


宇宙は大きく

ヒトは小さい


そうだ


今日は

家に帰ったら

風炉に火を熾し

小さな火祭をしよう






[PR]
# by so-kuu | 2015-06-22 22:42 | 自然ということ | Comments(0)

皐月 朔 2015

ふと気づけば

今日は、五月一日


閏月が入ったから

まだまだ新暦と旧暦のこよみの差が大きい


二十四節気では夏至も近く

葉々茂り草伸びる候


とやかく言わずとも

まず今日の新月

月はまた満ちはじめる


そんなこんなを感じながら

いま・ここ、を

湿った空気を中を

歩いている








[PR]
# by so-kuu | 2015-06-16 12:35 | 自然ということ | Comments(0)

初とんぼ 2015

視界の隅をサッと横切るナニカ

目を凝らしてみると
尻尾はちょっと短いけれど


とんぼだ!


胴の一部が白いように見えるから
コシアキトンボかな

b0044754_15000992.jpg
b0044754_15042353.jpg
b0044754_15371275.jpg

(画像:WWWより)



立ち止まってしばらく観察していると

あちらさまも
近づいては離れ
近づいては離れして
ぼくを偵察している

やあやあ
こんにちは

今日もよく晴れて
暑くなりそうですね

去るものあれば
来るものあり

今年の初とんぼに
時の巡り
夏の到来を識る










[PR]
# by so-kuu | 2015-06-01 22:16 | 自然ということ | Comments(0)



b0044754_13044807.jpg























more
[PR]
# by so-kuu | 2015-05-30 13:00 | 茶禅一味 | Comments(0)

b0044754_16583561.jpg




More
[PR]
# by so-kuu | 2015-05-30 13:00 | 茶禅一味 | Comments(0)

太陽とぼくたち



***

届くなら
安らかな場所でいてよ



***

(星野源 『SUN』より)



b0044754_16305460.jpg











[PR]
# by so-kuu | 2015-05-29 22:50 | 茶禅一味 | Comments(0)

今日もまた



昨日の昼顔がもう落ちている

新しい花に蝶の舞い来る





顔を洗い

朝食を食べる


湯を沸かし

茶を点てる


靴紐を結び直し






[PR]
# by so-kuu | 2015-05-29 13:47 | 茶禅一味 | Comments(0)

送り出し




b0044754_19371837.jpg

































More
[PR]
# by so-kuu | 2015-05-27 22:21 | 茶人 | Comments(0)

茶数寄の旅 京阪神 2015春

茶数寄の旅 京阪神 2015春

道頓堀今井
藤田美術館
大阪市立東洋陶磁美術館
本家柴藤
湯木美術館
滴翠美術館
Sky High Mountain Works
京都高島屋


有次
大西清右衛門美術館
樂美術館
承天閣美術館
北村美術館
梨木神社(染井)
新福菜館
草星
千歳屋菓舗
東山堂
野村美術館
無鄰庵
ぎをん常盤
K6
寺町サンボア

東福寺
伏見稲荷
京都国立博物館
鍵善良房
聚洸
丸久小山園
亀屋伊織




[PR]
# by so-kuu | 2015-05-26 22:55 | 茶数寄の旅 | Comments(0)

床 掛物と花と、主と従と

床の
掛物と
花と

どちらかを主とすれば
どちらかは従に
そういうこともあります

両方が強くてもうまくない
また
釣り合いも大事
そういうこともあるんです

掛物が立派なら
花は一種にする
花器もさらりとしたものに
そういう取り合わせもあります

たとえば
横もののとても大きな掛物
の場合

柱の掛花入に花を二種
なんてのはあまり感心できません

花の種類が多いとどちらが主なのかわかりにくくなるし
床畳をがら空きにするのも横もの掛軸に添っていない

やっぱり
横ものであれば
床畳の真ん中に置花入
というのが締まるし
花は一種一輪
というのが大画面の掛物を立てるもの

それでまた
花器の大きさ、花の高さが
掛物の邪魔にならない程度に抑える
そういう配慮も出てきます

お道具組みというのは
難しいんです
それでまた
面白いんですよ


(大先生語録)




...
[PR]
# by so-kuu | 2015-05-07 22:29 | 茶道具 | Comments(0)

あぶない、あぶない。 ~山口晃の言葉(と、茶杓削り)

水戸を訪ねた

「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」を観に


b0044754_15293689.jpg

「オイル・オン・キャンヴァス 本歌 西本願寺」
「九相圖」
「来迎圖」
「無残ノ介」
「続・無残ノ介」
などなど

よい出会いが沢山あった

その中で、

画伯の言葉の中に、気になる言いまわしがあった





***

北斎は、みても楽しいし、写しても楽しい
で、北斎をうつした自分の絵をみると、なんだか自分が絵がうまくなったような気がする
あぶない、あぶない

***

・・・と、メモなど取らなかったのだけれど、そんなような言葉だった


北斎についてはさておき

写し、というものの面白さと危うさについて
僕の歩みの中では
茶杓削りにおいて同じことが言える
と面白く感じた

絵を描くのも
茶杓を削るのも
似ているところがあるだろう

お絵かきから始まって
そこそこ書けるようになると
本格的に絵を学ぼうとする
となると
好きな絵を真似てみる
名作を写す、模写する
という段階があろう

茶杓削りも同じで
はじめは、何やらわからず削ってみる
寸法も約束も知らぬまま、こんなもんだろう、と削る
そのうち
自分の茶杓と、伝来の茶杓が、ちょっと、いや、だいぶ違う、と気付く
(この辺りに、いつまでも気付かないのであれば、茶杓削りはやめたらよいし、いっそ茶の湯をやめたがよいかもしれない)
すると名作茶杓の写し、に励むことにもなろう

名作茶杓を写してみると
寸法やら約束やらが見えてくる
見えてくるから、それなりに削る
すると
それなりの茶杓に見える

それはそれで進歩と言えば進歩なのだが

あぶない、あぶない

そう、そのあたりが、おもしろい、おそろしい、ところなのである


その辺りが、面白い、恐ろしい、処なのである


茶の湯はアートなのであるから






[PR]
# by so-kuu | 2015-05-03 22:03 | 茶禅一味 | Comments(0)

おいしすぎないおいしさ ~仙太郎の菜根譚に教わる茶懐石の極意

ある日
デパ地下にて
和菓子をみていて

仙太郎さんを覗くと

菜根譚

というのがあった

カードに曰く

***

菜の花を刻み入れた
あっさりとしたかるかん。
おいしすぎないおいしさ。

***



すげーな、仙太郎さん


買った! (・・・白洲正子さんではないが)


品物を用意してもらう間に
訊いてみる

「おいしすぎないおいしさ、なんですね?」

ちょっと苦笑いの店員さん

「あ、でも、美味しいんですよ」

「いやいや、すごく面白いなあ、と思って
仙太郎さんらしい、いいところを狙ってくるなあ、と思って
楽しみに頂戴します」


家に帰って
食後に頂く

うーん
菜の花の青い香りがふわっと漂って
春先の野辺に出たよう
ほろ苦味を
かるかん生地がしっとりふんわり包んでいる

いやいや

とやかく言うまい

おいしすぎないおいしさ

なのだ


さて

感心した

仙太郎さん

京都をベースに
丹波や近江の素材に拘り
身土不二を掲げ
体に美味しい素朴な和菓子をつくり

その
地に足のついた
down to earthな
姿勢に
純朴な佇まいに
これまでも共感してきたのだけれど


「おいしすぎないおいしさ」

とは
実に実に
言い得て妙

また
和菓子屋さんにして
自らの品物を「美味し過ぎない(美味しさ)」と言ってのける仙太郎さんは
美味し過ぎても面白くない、ということもある
美味し過ぎない美味しさ、というものがある
という事を自覚しているのだ

そのコンシャスさに感服するし
また信用出来るお店であろうと感じられる


僕がずっと思い描いてきた
マイ茶事での
マイ茶懐石も
こういうのがいいのだ

料理人にてはこれなく候
ただ一服の茶の前の
時分どきの食事であり
時々のあり合わせの菜と肴


思えば

茶懐石だってきっと同じで
美味しければ美味しい程良いに決まっている
という(無自覚な)盲信が
かえって茶の湯を味気なくしている
茶味を損なっている
そんなケースがままあるように感じる


「おいしすぎないおいしさ」



それは

淡味
とか
滋味
とか

そのあたりの消息・・・?


いやいや

とやかく言うまい


「おいしすぎないおいしさ」


それでいいのだ


よーし、僕も


守拙求真、で参ろう、っと





追記:

カッコイイことを
さらりとやってのけている
仙太郎さん


よーく噛みしめたい







[PR]
# by so-kuu | 2015-03-12 22:09 | 懐石 | Comments(0)

日日のマイ懐石稽古 1503

日日のマイ懐石稽古

2015年03月某日

飯   土鍋炊き 浸水40分ですぐ炊飯 湯炊き 柔らかめ 焦げ強め
汁   豆腐 なめこ 三葉 信州味噌仕立 鰹・煮干の出汁
向付  鰹たたき 大根千 大葉 生姜 ポン酢
焼物  鶏ささみ 白ねぎ 炒め煮 胡麻油・醤油・酒・味醂・鷹の爪
香物  蕪 金時人参 古漬 自家製

菓子  菜根譚 仙太郎製

御茶  野草茶



飯は毎回微妙に違う 繰り返してコントロール精度を高め 狙い通りの飯をお出しできるようになりたい
汁の出汁はあえて鰹節+煮干に
味噌もあえて信州味噌に 家庭の味であり
豆腐・なめこ・三つ葉の味噌汁は子供の頃の思い出の味でもある
焼物に魚以外を使うのが好みでいろいろ試している レパートリーを増やしたい
ささみと葱は鍋で焼きつけてから酒を垂らして蒸焼気味にしてみたが、食べる直前にサッと仕上げないと葱がくたくたになるので注意
漬かり過ぎた蕪は細かく刻んだ






[PR]
# by so-kuu | 2015-03-12 22:05 | 懐石 | Comments(0)

マイ茶事 【番外】 梅がキレイなので、勝手見つくろって懐石とお茶を

ある日
梅の花がキレイなので
帰りがけに菓子を求め
勝手(冷蔵庫)見つくろってちょっとした懐石と
お茶一服




2015年3月上旬(旧暦一月下旬)
わが家にて

床   東大寺修二会松明燃えさし

飯   飯
汁   蕪 叩き菜 芥子 合わせ味噌仕立
向付  鯛昆布〆 大葉 山葵 煎酒
煮物  若竹 わかめ 木の芽
焼物  鶏胡椒焼 あさつき
香物  セロリ糠漬 自家製

菓子  うぐいす餅 仙太郎製

花   白梅 雪の下
花入  ネパール寺院古銅 鈴
垂發  ネパール寺院古材

盆   柳木地丸
釜   デンマーク ポット&ウォーマー
茶器  真塗中次
茶杓  白竹中節薬研樋 自作
茶碗  赤膚 大の字平
茶碗  クリスティアニア 白釉
御茶  玉昔 三丘園茶店詰
 建水 鉄鉢形



(マイ茶事 備忘メモ)

[PR]
# by so-kuu | 2015-03-10 22:14 | 茶事 | Comments(2)

ねぎま鍋 (葱鮪鍋)

b0044754_17421512.jpg


厳寒の茶の湯に
何か一品ないか
とあれこれ考えていて


ねぎま鍋


やってみた


アツアツ
うまうま


ただし
あんまりグツグツやっていると
部屋が出汁臭くなるかな


給仕の方法に要工夫



節気は
寒の入り


雪に耐えて梅花麗し


その寒さも
その美しさも
味わって
暮らしていきたい




[PR]
# by so-kuu | 2015-01-08 22:38 | 懐石 | Comments(0)

マイお雑煮2015 その2 関東風

b0044754_11013697.jpg
TVでみたくろぎさんのを参考に

出汁は昆布に鰹節を濃い目に効かせて
薄口醤油と塩で味付けした、すまし仕立て

のし餅に焼き目をつけて
鶏と椎茸もいれてみた
大根・金時人参は今年は短冊に
青菜と三葉の緑が重なったな(結び三葉はなくてよかった)
へぎ柚子はあってもなくても

よそいつけが平たく崩れた
深くて立体的によそえる煮物椀が欲しいところ

出汁に脂が浮き過ぎだな
鶏・しいたけ・野菜を温めた煮汁が美味しかったので、一番出汁に少し混ぜたのだけれど、味と見た目を考え併せて加減すること



[PR]
# by so-kuu | 2015-01-02 08:00 | 懐石 | Comments(0)

マイお雑煮2015 その1 関西風 極侘び

b0044754_11013052.jpg
以前どこかで聞いたレシピを思い出しながら作ってみる

出汁は昆布のみ
餅のみ
糸かつおをのせて(出汁に鰹節使わない代わりに)

以上


極シンプルなこんなのもいいな




追記:

石野さんと山利さんの白味噌の色の違いがよく判るな

b0044754_13154986.jpg








[PR]
# by so-kuu | 2015-01-01 08:00 | 懐石 | Comments(0)

青山と白雲


b0044754_10531849.jpg







[PR]
# by so-kuu | 2015-01-01 07:00 | 茶禅一味 | Comments(0)

白雲と青山 (2015年乙未元旦に)

b0044754_10272469.jpg





今年はこれに参じてみよう
















[PR]
# by so-kuu | 2015-01-01 06:00 | 茶禅一味 | Comments(0)

茶数寄の旅 京阪神 2014冬 【目次】

***

茶数寄の旅 京阪神 2014 冬





***



[PR]
# by so-kuu | 2014-12-31 22:23 | 茶数寄の旅 | Comments(0)

錦市場 昆布・かつお荒節・山利の白味噌・ぺティナイフ 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

旅の最後に

錦市場に寄る

お目当ては

関西風の鰹荒節を試してみたい
有次のぺティナイフ求めようかな

といったところ

ぺティナイフは日常使いしたいので
鋼の刃をステンレススチールで挟み込んだ構造の「平常一品」シリーズのものがよかったんだけれど
あいにく欠品中、オール鋼のタイプしか在庫なし
「平常逸品」の次回入荷は年明けとか

四寅さんで山利の白味噌を求め、
昆布と鰹節は、どこがよいのか分からないので
にっき餅をつまんだお店のお母さんに訊いて、向かいの店で買ってみた

お漬物も色々美味しそうだけれど
東京まで運ぶのが面倒で手を出さず
鶉の丸焼とか珍しいものを買い食いして
市場を後に

京都駅から新幹線

思ったより遅くなったけれど
茶の湯稽古、夜の部には間に合いそう・・・





[PR]
# by so-kuu | 2014-12-26 22:25 | 懐石 | Comments(0)

聚洸 季節の上生菓子 5種 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

茶数寄の旅の最終日の午後に

聚洸さんを訪ねる

大宮通り寺之内上ル

表千家さん・裏千家さんからも割と近い

実は前々回の旅の際にも、予約を…と思ったのだけれど
茶会のハイ・シーズンだったためか、電話がつながらず
前回の旅では嘯月さんのを土産にしたため

今回、ようやく念願叶っての、聚洸さん

予約しておいた
季節の上生菓子5種
を頂く
箱が6つ入とのことで
5種の内の1種をお任せで2つ入れてもらった

お会計を済ませて(1つ350円は安いと思う!)から
ご主人に
和菓子のお話を色々と聴かせて頂いた
ねりきりとこなしの違い(きちんと説明出来ない職人さんは・・・)
羽二重と一口に言っても、材料や製法が店々に違うこともある
などなど
和菓子作りにかける熱意に感じ入る

お包みを大切に持って

バスに乗り
錦市場の雑踏を歩き
買物をして
包丁をみて
地下鉄に乗って
新幹線に乗って
JRに乗って
タクシーに乗って
茶の湯の稽古に行って
電車で家に帰って

b0044754_18582276.jpg

その日のうちに
食べてみる


美味しい!

美味しいこと!


また

きれい


抽象的な表現の加減
がこれまた実に僕好みだ

b0044754_19010232.jpg
(画像 「椿」羽二重製)




さて

和菓子も実にいろいろ
全国に老舗も名店も多数
それぞれに素晴らしい持ち味がある

その中で
目下

和菓子版
上生菓子部門
マイ
心のベストテン第1位

こちらで決まり。


マイ茶の湯の主菓子をお願いしてみたい

と思う。





(詳細、改めて書いてみたい、と思う)




[PR]
# by so-kuu | 2014-12-26 22:20 | 菓子 | Comments(0)

茶道資料館  茶の湯の名碗 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

茶道資料館を訪ねた

「茶の湯の名碗」展

b0044754_18374195.jpg

これを茶数寄美術館巡りの最後にして正解だった

名碗が多種多様
見応え十分


お茶碗と対峙して
感じたことを
図録のページに書き込みながら
じっくりと観た

b0044754_18374698.jpg

詳細追って

(つづく)







[PR]
# by so-kuu | 2014-12-26 22:15 | 茶道具 | Comments(0)

楽美術館 樂家五代宗入と尾形乾山 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

楽美術館を訪ねた

「樂家五代宗入と尾形乾山 元禄を駆け抜けた雁金屋の従兄弟ども 宗入誕生三五○年」展

僕はたとえばのんこうより宗入が好きだ
なので楽しみに観に行った

b0044754_18323126.jpg
b0044754_18323787.jpg
詳細追って

(つづく)







[PR]
# by so-kuu | 2014-12-26 22:10 | 茶道具 | Comments(0)

東山堂(剣道具) 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬 番外

樂美術館からも遠くない

中立売通大宮の

東山堂に寄った

大手の剣道具屋さん

評判がいい甲手の実物見本をみる

3階は立派な防具ショールーム

手刺の高級ラインの名前が

「光琳」
「光悦」

ってのが京都らしい?笑






[PR]
# by so-kuu | 2014-12-25 22:01 | 茶剣禅一如 | Comments(0)

丸久小山園 西洞院店 一滴翠金印 有機金印 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

西洞院通御池下ルの

丸久小山園 西洞院店

一滴翠の金印
有機の金印

を求めた





[PR]
# by so-kuu | 2014-12-25 22:00 | | Comments(0)

赤垣屋 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬 番外

京都の寒い1日を終えて

ふと思い出したのは
以前友人に連れていってもらった
川端通りの

赤垣屋

ちょうど1人だけ空いたカウンタに座って
おでんやらをいくつか頼んで
熱燗をキュッとやって
パッと出る

ここは純居酒屋で
(そこがいいんだけれど)
ご飯ものが全くないから

帰りに
うどんでも食べようかと
常盤に行ってみたけれど満席
しかたなく通りがかりの店で蕎麦を食べて

宿へ帰ると

いつの間にか寝てしまった




[PR]
# by so-kuu | 2014-12-24 22:55 | 懐石 | Comments(0)