「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:茶( 6 )

丸久小山園 西洞院店 一滴翠金印 有機金印 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

西洞院通御池下ルの

丸久小山園 西洞院店

一滴翠の金印
有機の金印

を求めた





[PR]
by so-kuu | 2014-12-25 22:00 | | Comments(0)

茶数寄の旅 京阪神 2014春 丸久小山園(有機栽培茶、一滴翠など)

西洞院の
丸久小山園さんの店舗へ

全国的には手に入らない
地域限定のお茶を求めに

「一滴翠」の金印と銀印
「有機栽培抹茶」の金銀緑印など

店舗では、その場の石臼で挽いた茶葉を買うことが出来る、ということ
だけれど、工場で挽いてその場で密封される商品と、必ずしもフレッシュ・美味しさに差はないのでは?



[PR]
by so-kuu | 2014-03-24 23:14 | | Comments(0)

茶数寄の旅 2013秋 3 柳桜園茶舗

茶数寄の旅 2013秋


3 柳桜園茶舗


二条通りの柳桜園さんに寄る

祝の白か錦上の昔の、特別挽上のを求めようと思ったんだけれど
限定の「炉開き抹茶」が、さらに茶葉が上等だ、と言うので、そちらを頂く





*柳桜園さんと言えば・・・

こちら、柳桜園のお茶の缶(包装)は、いわゆる大手のような密閉型ではない
缶に直接抹茶を入れて薄紙一枚をパッキン替わり(密閉効果はない)にして缶の蓋をかぶせる、というシンプルな形式

なので
きちんと保管しないと、劣化が比較的早い、と言えるだろう

だから
旅を終えて家に戻るとすぐに、缶ごとラップで包んで、更にジップロックの小袋に入れて、冷凍庫にしまった

これは、逆に言えば、
工場で大量生産ではなく、少量ずつ挽きたての抹茶を小売する、という柳桜園さんの強みでもある
と僕は考えている
なので、密閉保管の手間くらい、喜んで自分でかけるつもりだ

そして、なるべく早く、美味しい所を頂ききりたい

お茶の味にこだわらなくっちゃ茶人じゃないもの
[PR]
by so-kuu | 2013-11-18 22:50 | | Comments(0)

八十八夜

茶人なら

大切にしたいものは

道具などより

まず



だよな


八十八夜だ
[PR]
by so-kuu | 2012-05-02 06:59 | | Comments(0)

抹茶いろいろ (流儀好みのある秘密?)

b0044754_14564740.jpg
 
 
京都・柳桜園の茶を気に入って、よく使っている

先日、お店の方より面白い話を伺った


***

薄茶を泡立てるお流儀なら、裏千家宗匠好のお茶が良いかも知れません

うちは、裏千家好のお茶には、きめ細かい泡が立つよう、細かく挽いた茶葉を使てます

逆に表千家好のお茶は、泡立ちにくい、荒めに挽いたお茶を使とるんどす

***


参考になるかも。



b0044754_1457460.jpg

[PR]
by so-kuu | 2009-10-06 12:48 | | Comments(0)

【カテゴリ】 茶

 
 
茶の湯とは…?

なんて言ってみたところで

まず

茶がなけりゃ

お茶の葉っぱがなけりゃあ、話にならない


そのことを

いつでも肝に銘じていたいものです


この 【カテゴリ】茶 では

お茶そのものについて書いていくつもりです
[PR]
by so-kuu | 2009-02-28 11:57 | | Comments(0)