「ほっ」と。キャンペーン

亀末廣 一休寺 △

散歩帰りに

末廣へ

お目当ては「一休寺」

b0044754_14143818.jpg

大徳寺納豆が好きで、
大徳寺納豆を使った和菓子があると、
チェックしてみる・・・

美味い・上手いもの
そうでもないもの・やらない方がよいのでは?というもの
色々あって
また楽し


さて
「一休寺」

いわゆる大徳寺納豆をつかっている
けれど
「大徳寺納豆」ではなく
一休寺でつくられた
「一休寺納豆」なんだとか
(このあたりは商標権や仕入れの問題などがあるみたい)

また
「玄米落雁」
といってて
原料は玄米と和三盆だとか

”玄米落雁に一休字納豆を一粒いれた菓子”
ということになる


味は?
風味は?

僕の好みではないな
玄米好きの僕だけれど
落雁に特にピンとこない
納豆の粒が水っぽいのが気になる

やや大きいのも中途半端な気が

”大徳寺納豆入り落雁”
は京都だけでもいろいろあって
僕なら他のものを選ぶ

パッと見
侘びた感じが好もしくて
大きさも
茶事の干菓子に適当かな
と期待しただけに
残念


たとえば

大徳寺門前の松屋藤兵衛さんの「通い路」 (後述)

とか

他に

大徳寺粒納豆の磯田さんの「式部」とか
いろいろあろう

はイマイチだった

はちょっと似ているかも
僕にはイマイチ


[PR]
by so-kuu | 2017-01-21 22:02 | 菓子 | Comments(0)
<< 亀末廣 (の看板) 六角堂 と 刃物屋さん >>