京華堂利保  濤ゝ 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬

南禅寺の方から市中へ下る途中

二条通り川端の
京華堂利保さんに寄る

銘菓「濤々」

を求めに

武者小路千家有隣斎宗匠のお好みとか
僕にはそれはどうでもよいけれど

大徳寺納豆入の和菓子と聞いて
チェックしてみる

箱入りにもしてもらえる一方
1個売りもしてくれる
と云うので
その場で食べてみる

うーん

大徳寺納豆入りの和菓子には2つのタイプがあるように思っている

大徳寺納豆を“アクセント”として用いるもの
大徳寺納豆を“練り込む”もの

僕は前者が好みで、その扱い方の巧さに感心する
後者は、どうも得意ではない
薄まった香りと味が菓子全体にぬわ~っと広がるのがどうも・・・

濤〃は後者に属するように感じたのが第一印象



追記:

後日、家で食べてみると
そこそこイケる気もしてくるような・・・
いや、そうでもないような・・・

慣れとは恐ろしいものである



追記2:

こちら、京華堂利保さん
有名な「濤ヽ」や「しぐれ傘」の他に
蒸薯饅頭などの上生菓子も美味しいらしい
それはまたの機会に・・・







[PR]
by so-kuu | 2014-12-24 22:35 | 菓子 | Comments(0)
<< 大西清右衛門美術館 十代浄雪と... 野村美術館  大名道具の世界 ... >>