阿み彦   (関西地焼うなぎ) 茶数寄の旅 京阪神 2014 冬 番外

うなぎ

といえば、夏の土用、というイメージが強いようだが

鰻が美味いのは

冬だ


なので

今回の関西旅では

気に入りの阿み彦で関西地焼うなぎを頂く


友人と過ごす楽しいひととき

ちょうど部屋の壁にかかっていた文句は・・・


***

よき友は

心の花の

添え木かな

***


店をかえて

コーヒーとケーキ


宿は、京都で

京阪・地下鉄を乗り継ぎ

御池通りへ出ると

風の冷たいこと


東京より一段寒い


三条釜座のバーにでも行くつもりが

寒さでベッドにもぐり込むと

朝まで眠ってしまった



(茶数寄の旅 京都編へ つづく)






[PR]
by so-kuu | 2014-12-20 22:31 | 懐石 | Comments(0)
<< UCHU FUKIYOSE 干... 湯木美術館  大名たちの茶道具... >>