十三夜 2014 (台風一過の夜空に)

今日は旧暦九月十三日


「十三夜」だ


八月の十五夜に続き、お月見をする、とされる日

秋がより深まる晩に

まだ少し欠けたお月さまをみる

というのは確かにあわれに趣深いもの


台風一過の潤って澄んだ夜空に

何も知らないかのような

全て知っているかのような

お月さまが

ただただ静かに

巡っている




[PR]
by so-kuu | 2014-10-06 22:28 | 自然ということ | Comments(0)
<< 十四夜 2014 重陽の節句 2014 (新暦で... >>