重陽の節句2014? (新暦?旧暦?)

今日は9月9日

TVやなにやでは、
「今日は重陽の節句です」とか何とか
「菊の花に着せ綿をして、長寿を願います」とか何とか

けれども

僕は、今日、重陽の節句をしない

だって、東京では、菊の花も咲いていないもの
着せ綿したって、朝露降りないもの

僕は、新暦10月2日に、重陽の節句をしようと思う
その日は、旧暦の9月9日。
その頃には、菊の花も咲きそうだから。

言うまでもないはずのことなんだけれど
一般に、
いわゆる日本の歳時記、伝統行事の多くは、新暦でなく旧暦にのっとって行う方がしっくりくる、ということが多いと思う

そりゃそうだ、と思う

*一部に例外あり。例えば、二十四節気は太陽の巡りに基づくから、新暦でやっていいものだろう(旧暦=月の暦ではズレが生じる)
*一部に例外あり。旧暦には閏月があるので、3年位の周期で、旧暦と歳時記と実際の季節にズレ感が生じる
*そういうことにも、敏感でありたいもの

新暦・旧暦・二十四節気については、しっかりとした知識を持っていたい
その知識と、自然そのものを見る眼・感じるカラダとを、しっかりリンクさせて、地に足のついた智慧を身につけていたい

なにより

我も自然と生きていたい






[PR]
by so-kuu | 2014-09-09 22:50 | 自然ということ | Comments(0)
<< 天然忌 満月 2014年9月 >>