星空におもう (旧暦 七夕 2014)

週末は

猛暑の東京を抜け出した


夜には

蛍と

満点の星


そういえば

今日が旧暦の七夕だったな


暗闇にしばらく佇む


だんだん

蛍も星も沢山みえてくる

のが嬉しい


街暮らしの長い身には

真っ暗闇も

蛍も

星も

実に贅沢だ


反対に言えば

都市生活者の

なんと貧しいことよ


せめて

街と野山海川とを

なるべく沢山

行ったり来たりして

僕と自然と共に

生きていたいと願うことだ







[PR]
by so-kuu | 2014-08-02 22:17 | 自然ということ | Comments(0)
<< 瀧のそばからこんにちは(暑中見... 焼れんこん (祇園・水円) >>