夏至に

フィンランドの

小さな湖のほとりでは

家族や

友人たち

恋人たちが

kokkoの火を灯し

空をみつめているだろうか


僕にとっても

1年のうちでも

二十四節気のうちでも

最も大切な区切りのひとつと感じている


夏至


我が家でも

小さな火祭りをして

風炉で湯を沸かし

一服頂きながら


天体の

運行の

そのひとときを過ごす



[PR]
by so-kuu | 2014-06-22 22:25 | 自然ということ | Comments(0)
<< 水無月 旧暦2014 むくげ咲く 芒種2014 >>