名残のつつじ 名残のたんぽぽ

晴れた朝

いつもの道


歩道の脇の植込に

つつじがポツリと小さな花を咲かせている

もう最後かな


その脇には

地面から

40センチ以上もあるだろうか

ぬーっと高く茎を伸ばして

たんぽぽが綿毛をつけて

種を飛ばす風を待っている


b0044754_19091085.jpg


名残

などというのはヒトの勝手で


花は

その花の今を咲いている



・・・僕も・・・


・・・生きねば・・・







[PR]
by so-kuu | 2014-05-30 22:31 | 自然ということ | Comments(0)
<< マイ端午の節句 旧暦五月五日 ... シモツケが咲いていた >>