大名 萩焼井戸手茶碗 その2 (井戸茶碗拝見記【番外】)

◎+茶碗 銘 大名 萩焼 17C


萩焼の大井戸手茶碗

銘「大名」は不昧による
萩焼と狂言「萩大名」の連想か
御本の粒模様を萩に見立てたか

大振り
口周りはやや歪み
また水挽きのような後わずかにあり
腰の轆轤目はほとんどないが
御本模様が点々とあり
内側もわりとすんなりとしている
腰高く削られ
竹の節高台はかなり高く、また径小さくて特徴的

ゆったり大らかで明るい感じの一碗
本歌高麗ものではないけれど
風格もある一碗だと思う


b0044754_17350089.jpg



[PR]
by so-kuu | 2014-05-06 23:31 | 茶道具 | Comments(0)
<< 潔い灰際 (茶の湯の「きめどころ」) 根津美術館 初夏の茶の湯 宗四... >>