マイたんぽぽの綿毛 (マイ歳時記 立夏)

わが家のたんぽぽ

門と道との境目の割れ目に

何年か前に僕が種を突っ込んでおいたもの


翌年から毎年、咲いては種を飛ばし、枯れてはまた葉を伸ばしている

今年も花をつけて

そして今日まん丸の綿毛になった


蹴飛ばさないように気をつけて

跨ぐように出かける


日に日に種を飛ばして

またどこかで根を張り葉を出し花を咲かせ種をつけて欲しい

そんな風に感じたことだ






[PR]
by so-kuu | 2014-05-06 08:56 | 自然ということ | Comments(0)
<< 根津美術館 初夏の茶の湯 宗四... マイ鉄線咲く (マイ歳時記 立... >>