茶事【番外】 居合の兄弟子さんと一献・一服

(メモ)

平成甲午年晩春夜
居合の稽古後に、兄弟子お二人を家に招いて

香煎  桜茶 染付汲出に

向付  鯛昆布〆 ブロッコリスプラウト 山葵 加減酢 ゆず皮けずり
八寸  空豆ひたし 干鮭あぶり
強肴  鮪 帆立 アボカド和え

勧鉢  小松菜 桜海老 油揚 炊合せ
勧鉢  自家製梅干 オクラ 納豆和え

飯   ちりめん山椒添えて
汁   あおさ 八丁味噌・仙台味噌合わせ *京白味噌さける
香物  すぐき・日野菜

主菓子 紅白饅頭 蒸して
濃茶  一滴翠

薄茶  星の輝 八女・星野園
干菓子 如心納豆

*掛物 大徳寺画賛 山に道
*花  こでまり 三島手掛花入に
*透木釜・木地炉縁・曲水指
*瓢形茶入・井戸にて濃茶
*木地中次・黒楽にて薄茶
*茶杓 自作

(茶の湯をしない人と茶の湯をすると、とても面白い)





[PR]
by so-kuu | 2014-04-19 23:11 | 茶事 | Comments(0)
<< 「初発心の時、即ち正覚を成じ、... マイ玄鳥至 (マイ歳時記 清明... >>