マイ玄鳥至 (マイ歳時記 清明2014)


今年初めて

ツバメと会った


晴れ渡る空を切り裂いて

僕の視野をかすめたのは

あのカッコイイ


b0044754_08440980.jpg
                 (画像WWWより)


飛び去るかに見えた彼が

翻って

僕の上でぴゅるり宙返り


おかげさまで

いい季節だ


では






「清明」

「二十四節気」の巡りの中でも
これまた美しい
好きな季節だ

花々や木々が
それぞれにそれぞれらしく
命を輝かせる

「二十四節気」を更に三分した「七十二候」では
「清明」は

初候:「玄鳥至 つばめきたる」
中候:「鴻鴈北 こうがんかえる」
末候:「虹始見 にじはじめてあらわる」

の三つと云われ
今年で言えば

初候:玄鳥至 4月5日~
中候:鴻鴈北 4月10日~
末候:虹始見 4月15日~

と云う

僕はずっと昔から
新暦と旧暦を比べながら
二十四節気七十二候のカレンダーを用いながら
暮らしてきた

最近では
二十四節気七十二候のこよみのスマホ・アプリがあるようで
それをみては、ああ、そうかー、と考えているひともいるようだ
それはまた便利なことで、そういうのが暦の便利さでもあろう

でも
一番美しいことたちというのは
スマホに教えられるものでも
また暦に教えられることでもない

なにより

自然 をよーくみてごらん

自然に寄り添ってくらしていれば
自ずとカラダに沁み入ることだ


・・・というわけで

暦とはずれていようが、今朝こそ僕の「玄鳥至」。



**


僕は自然環境ということについては保守派だ
すなわち
日本の四季がこれからも同じように巡ることを望んでいる
(茶人として当然だと思う)








[PR]
by so-kuu | 2014-04-17 07:23 | 自然ということ | Comments(0)
<< 茶事【番外】 居合の兄弟子さん... haiku, or butte... >>