茶数寄の旅 京阪神 2014春 野村美術館 大田垣蓮月尼

茶数寄の旅 京阪神 2014春

美術館は月曜休みなので土日のうちにまわろう
日曜はできれば自転車でブラブラしたいので
土曜のうちにポツンと東山にある野村美術館さんに行ってしまおう
ということで
大阪・湯木美術館 の後は京阪電車に乗り三条経由で蹴上まで


b0044754_18050930.jpg

独特の仮名文字による和歌や
画賛や茶碗(蓮月焼)など

印象に残った歌をメモった


うの花のさける
垣ねの朝しめり
山時鳥 声も
かな・・・・

をかさまの
さとのねさめに
聞ゆなり
きたしらかはの
山ほととぎす


うつりゆく
はじめもはても
しら雲の
あやしきものは
心也けり


さすさをも
なけやりふしを
うたふ也
月にうかるる
あまのつり舟


露ならで月のやとりも
なかりけりはちすに
うつむ底の池水


やとかさぬ
人のつらさを
情にて
おほろ月よの
花の下ふし


よあらしのつらさのはては
雪となりておきて
ほたゝく冬の山さと


はこね山
あけなはふしの
かけみえて
おもひし海は
氷ゐにけり


めせめせと炭うる
おきな声かれて
そてに雪ちるとし
のくれかな


ねの日とて
のへに心の
ひかるゝは
ひくへき松の
あれは也けり


うかれきて
花のゝつゆに
ねむるなり
こはたかゆめのこ
てふなるらん
(トップ画像)


上記の“胡蝶の夢”画賛が呈茶席にかかっていた
蓮月焼の茶碗で薄茶一服頂いた


他に


・亀香合 自作

手造りの素朴な感じ
亀の甲羅が(亀甲形=六角形でなく)八角


・瓢形花入 自作

ひょろりと歪んで、まさに、ひょうひょう




以上



[PR]
by so-kuu | 2014-03-24 22:37 | 茶道具 | Comments(0)
<< 茶数寄の旅 京阪神 2014春... 茶数寄の旅 京阪神 2014春... >>