マイ雪の茶

春立つ今日に

この寒さよ


今日は間違いない・・・

五感が言うから


急いで家に帰る


たっぷりの炭を熾して

広口の大講堂釜をかけて

部屋をあたためる


湯が沸いてきたら

饅頭を蒸す


筒茶碗に

しぼり茶巾で

大服の熱いお茶


暦の上では立春

でも

いま・ここ



雪の茶の湯


誰か訪ねてこないかなあ



(雪がすぐに雨に戻り止んでしまったのが残念・・・でも、それもまた自然だ)






***

「秀吉公或雪の夜、利休か侍座せしに、今よひ町に茶の湯すへきものハ誰そと御たつねあり」
(『茶湯古事談』)

***

上立売の針屋
ならずとも

それがし仕り侯ハん!








[PR]
by so-kuu | 2014-02-04 22:00 | 茶事 | Comments(3)
Commented by A at 2014-02-08 03:21 x
はじめてお邪魔します。わぁ、ちらちらと雪が舞う中、ほかほかのお饅頭と熱いお抹茶、心から今この時を楽しんでらして素敵ですね。あこがれの、映画「千利休 本覺坊遺文」の世界のようです!
Commented by so-kuu at 2014-02-08 21:03 x
Aさん、はじめまして

誰か訪ねてこないかなあ
などと書いたところに

思いがけず
遠くフィンランドからのご来訪
うれしかったです

またふらっとお立ち寄りいただけたら幸いです

フィンランドは僕の大好きな国・場所で
初夏に尋ねたことがありますが
冬もさぞかし美しいことと思います

長い冬を楽しんで
心あたたかにお過ごしください

取り急ぎ御礼まで
Commented by A at 2014-02-11 11:00 x
so-kuuさま

フィンランドのことをご存知で驚きました。初夏はほんとに景色がきれいで、とてもいい時期を選ばれましたね。冬は根雪に光が反射するからか、夕暮れの頃には青くぼんやりとした光に街が包まれます。それもまた不思議な時間です。心あたたまるお返事ありがとうございました!
<< 「井戸茶碗展」をみる 根津美術... 針屋宗春 或る雪の夜の茶の湯 ... >>