冬の土用 (春を待つ、寒修行の頃)

暖かかったり寒かったりする


日中にはマフラーを外したり

夜には生姜湯を飲んだり



往く冬と

来る春と

陰陽せめぎ合う


冬の土用だ


土用と言えば

鰻の旬は(夏ではなくて)冬


寒修行に励んで

身口意の業を浄めて

晴れて満願・節分・立春のあかつきには

美味しい鰻を食べにいきたいな


精進精進


b0044754_13163462.jpg


b0044754_1317616.jpg

[PR]
by so-kuu | 2014-01-30 22:00 | 自然ということ | Comments(0)
<< ◎竹一重切花入 千道安作 (今... 【茶書】 はじめて学ぶ茶の湯〔... >>