甲午元日アゲイン (旧暦睦月朔日 五感あっての・・・)

また

明けました


今日は旧暦の睦月朔日

僕らが明治5年以前の日本に生きていたならば
僕らは今日新年の挨拶を交わしていたんだなあ


辺りをよーくみてみれば

冷気を貫いて日差しは明るく

鳥たちは忙しく飛び回りはじめた

b0044754_12203910.jpg

(画像WWWより)

道々の梅の蕾が膨らんでいる

青山の根津邸ではもう咲いたとか


たしかに

いかにも

新春


そして

たしかに

新暦より旧暦の方が

いわゆる日本古来の歳時記というものが感じとりやすい


但し


それよりなにより

五感あってのことだ


旧暦や月齢、日の出・日の入の時刻を書き留めたところで

アプリ「くらしのこよみ」に頼って、二十四節気・七十二候、旬の食材を知ったところで

それはそれでしかない


人はヒトで

ヒトは鳥たちと同じ動物で

ヒトは梅の蕾と同じ生き物だから


暦といういつか誰かが作った道具に頼らず

自分自身が

自分自身のカラダで

太陽の光を受け、月を眺めて

巡る時を、いま・ここ、を感じ取ること


そして

その巡る時の中で

巡りゆく太陽水や緑鳥や梅たちの中で

ヒトもまた自然として生きている、と識ること



「松たてず しめかざりせず 餅つかず かかる家にも 春は来にけり」

というのが好きな僕だけれど


今年は


掃除、ということ


と共に


まず

旬の食べもの

シンプルに調理し

美味しく食べたい


そんなことを思う今日だことだ



・・・洗心・・・
[PR]
by so-kuu | 2014-01-31 22:20 | 茶の湯歳時記 | Comments(0)
<< 【目次】 「細川三斎の茶」展 ... ◎竹一重切花入 千道安作 (今... >>