茶数寄の旅 2013秋 3 柳桜園茶舗

茶数寄の旅 2013秋


3 柳桜園茶舗


二条通りの柳桜園さんに寄る

祝の白か錦上の昔の、特別挽上のを求めようと思ったんだけれど
限定の「炉開き抹茶」が、さらに茶葉が上等だ、と言うので、そちらを頂く





*柳桜園さんと言えば・・・

こちら、柳桜園のお茶の缶(包装)は、いわゆる大手のような密閉型ではない
缶に直接抹茶を入れて薄紙一枚をパッキン替わり(密閉効果はない)にして缶の蓋をかぶせる、というシンプルな形式

なので
きちんと保管しないと、劣化が比較的早い、と言えるだろう

だから
旅を終えて家に戻るとすぐに、缶ごとラップで包んで、更にジップロックの小袋に入れて、冷凍庫にしまった

これは、逆に言えば、
工場で大量生産ではなく、少量ずつ挽きたての抹茶を小売する、という柳桜園さんの強みでもある
と僕は考えている
なので、密閉保管の手間くらい、喜んで自分でかけるつもりだ

そして、なるべく早く、美味しい所を頂ききりたい

お茶の味にこだわらなくっちゃ茶人じゃないもの
[PR]
by so-kuu | 2013-11-18 22:50 | | Comments(0)
<< 茶数寄の旅 2013秋 4 松屋常盤 茶数寄の旅 2013秋 2 鳩居堂 >>