茶の湯の道具展 その5 茶杓 (MOA美術館)

茶の湯の道具展 その5 茶杓 (MOA美術館

◎宗易共筒

b0044754_1618726.jpg


織部作と近い作行き
いわゆる利休宗易作の茶杓と織部作の茶杓の中には、一部同じ下削り師によるものが含まれているのでは?
と僕は感じている


○千少庵作 一翁追筒

b0044754_16182432.jpg


浅樋の竹材
やや下り節
蟻腰もおおらかで自然
櫂先なめらかな丸み
丸撓め
節下皮削ぎ

た・お・や・か


◎古田織部作 一翁追筒

b0044754_16183679.jpg


上記宗易作と似ているといえば似ている
蟻腰の高さ強さ
矯めがやや直線的
など織部作らしいと言えば言えるか
深樋の一本樋は織部の典型か


△遠州作 共筒 歌銘

b0044754_16185493.jpg


ともかくも
ひとにまかせてまけられよ
茶杓もへらも
やふのかき竹

(竹材にはやたらと拘るけれど
所詮調達も下削りも人任せ)
[PR]
by so-kuu | 2013-11-13 22:40 | 茶道具 | Comments(0)
<< 茶の湯の道具展 その6 茶碗 ... 茶の湯の道具展 その4 茶入 ... >>