“国宝「卯花墻」と桃山の名陶 (三井記念美術館) 瀬戸黒小原女 黒田伯庵など

三井記念美術館を訪ねた

“国宝「卯花墻」と桃山の名陶”展


個人的には

お目当てはひとつ


●瀬戸黒茶碗 銘 小原女

b0044754_2235482.jpg


b0044754_22373094.jpg


大きい

建水サイズ

高台低く

腰は角ばって立ち上がり

口縁は山道を成している

所々に箆目の見られる肌

釉は見事に黒い

ツヤツヤではない落ち着いた艶がある

釉剥げの部分に見える土は暗褐色だ

腰の内側も角張って

見込は平らで、中央に浅い茶溜りが削ってある


織部のフォロワーが出た時代以降の、作意が過ぎる、ということはない感じ

なので初期のものなのかな


やっぱり大きい

僕には使いにくいかも




・瀬戸黒茶碗

もう一碗、瀬戸黒が出ていた


*いずれにしても、
先日、熱海MOA美術館でみた瀬戸黒茶碗ワラヤの方がグッときた



その他

志野
黄瀬戸
瀬戸黒
織部
のやきもの多数
逆にやきもの以外何もなし
懐石道具も充実していた


個人的に
瀬戸・美濃のやきものにそれほど興味がないので
これは!というものは少なかった

強いて挙げれば

・志野万年青香合
・鼠志野檜垣文茶碗



あと

◎黒田伯庵

はよかった
類品中随一とはいかないだろうけれど
伯庵手特有のたっぷり感
ゆったりとして濃茶が練りやすそうなナリ
高台の締まり
など、いいもんだな


◎志野茶碗 銘 卯花墻

有名な国宝茶碗で
えらい人気者らしい
これについては、いつか、別途書いてみよう


その他にも有名な品あり

・織部菊文茶碗
・織部百合文沓茶碗
・織部串団子文茶碗
などについては
特に僕が書くこともない
お好きな方が書いておられるだろう
[PR]
by so-kuu | 2013-10-11 22:56 | 茶道具 | Comments(0)
<< 夜長月の茶 宗旦茶杓よろぼし等... トーヴェ・ヤンソンの夏の家は・・・ >>