黒琥珀 (名古屋・花桔梗)

名古屋・花桔梗さんの

「黒琥珀」

を食べてみた


名前の通りの黒い琥珀羹だ


以前画像でみた際、
その真っ黒さに驚いた
いったいどんだけ黒糖なんだろう?
と黒糖好きの僕はすっかりワクワクしたものだ

けれど
実際の品物は
それほど黒くない

有名どころと比較するなら
「したたり」(亀廣永)と同じくらいの色

「したたり」より黒糖風味が濃厚でもなく
また
「したたり」のようなみずみずしさもない
さらには
表面にブツブツ・ザラザラとした塊があった

僕も手作りしてみたから分かる
琥珀羹や干琥珀を作る時は
砂糖と寒天の煮詰め加減が難しいもの
煮詰めすぎると再結晶化してしまうように思う

今回のこの「黒琥珀」
ちょっと煮詰め過ぎたか?
固め形がまずかったか?

実は
僕が画像でみた「黒琥珀」は
同じ名古屋の「亀末廣」さんのもの
b0044754_14555072.jpg

(画像WWWより)

その「亀末廣」が昨年廃業して、一部職人さんが花桔梗さんに移り、「黒琥珀」を商品として出すようになった、とか

いずれにしても、
プロの店の琥珀羹にザラザラ・ブツブツがあるのはちょっと頂けないな

(満足値)=(期待値)-(実際値)
だから
今回はちょっと残念


今後共、黒糖和菓子をチェックしよう・・・
[PR]
by so-kuu | 2013-08-21 22:41 | 菓子 | Comments(0)
<< 涼を感じる取り合わせ (トーハ... 月がキレイだ (マイ歳時記 立... >>