細川三斎の茶 その4 出雲肩衝茶入・利休尻ふくら茶入 (永青文庫)

永青文庫の
「細川三斎の茶」展
書状・釜・茶杓が特に見もの

かつ、
他にも優品多数・・・


◎出雲肩衝茶入

b0044754_12185924.jpg


瀬戸肩衝茶入の中でも
屈指の名品のひとつだろう
カチッとした肩は尖って反りがあるくらい
口の捻り返しは高くないけれどカチッとしている
すとんと寸胴
わずかに尻張
轆轤目が何筋か走っている
畳付近くが大面取
鶉斑の釉
さほど大きくはないけれど厳つさも有
蓋のツクは扁平

ザラめいた感じあり
カリッと男性的だな


◎利休尻ふくら茶入

b0044754_12213192.jpg


利休所持と伝わる
唐物
いわゆる茄子形
銘の通りふっくら下膨れのナリ
口まわりは、滑らかにえぐれて(?)いるのがユニーク
釜で例えると「田口釜」のような格好だ
胴の真ん中よりやや上に胴紐がめぐる
大きくはないけれど、ふくよか
黒紫に艶めく釉も特徴的
蓋のツクが器形とほぼ同じなのが面白い

たおやかで、ゴージャス
女性的、マダムって感じかな


*今回の展示では
・出雲肩衝茶入
・利休尻ふくら茶入
を隣に並べたのがよかった

b0044754_12152948.jpg


キャラが好対照
それぞれの魅力を、互いに引き立て合っている、と感じた

この二つをコレクションする、というのがまたいいな

(以前観た展示、青磁茶碗「馬蝗絆」と井戸茶碗「喜左衛門」を並べた展示を思い出した)


大変結構でございました

[PR]
by so-kuu | 2013-05-21 12:24 | 茶道具 | Comments(0)
<< 細川三斎の茶 その5 茶碗 瀬... 細川三斎の茶 その3 高山右近... >>