(ほぼ)無言の茶事

みて、そして、だまっている

ということを、

何年も、

行じ、感じ、考えていた


茶事も

主客が

最低限の他に

ほとんど言葉を交わすことなく

始まり

終えたら

それで

一会がなったなら

それは

ひとつの理想だな





追記:


もちろん

それで一会が成ったなら

という注がつく

茶事は

茶の湯は

1人ではならないのだ
から

主客ともに

そういうことに気付いていないと
[PR]
by so-kuu | 2013-05-10 13:04 | 茶事 | Comments(0)
<< 「みずうみ」 茨木のり子 みる、そして、黙っている >>