一座建立という奇跡

同じ時を生きて

同じものを見ても

人は

それぞれの物語の中で生きていて

それぞれの見たいようにモノをみている

のかもしれない


してみると

誰かと

同じ時間を過ごし

同じモノを見つめ

そして、かつ

共に楽しむ

ということは

本当に貴重なことなのかもしれない


一座建立

という言葉は

わりと簡単に口にされているけれど

実は

ごく稀なことなんだろう


一会において

それぞれの思いと視線とが

どこかで交わるような

そんな友と出会うことが出来

そんな茶の湯が出来たなら

楽しいだろうな
[PR]
by so-kuu | 2013-05-07 23:22 | 茶禅一味 | Comments(0)
<< スダジイの花が (マイ歳時記 ... みたいようにしかみない >>