みたいようにしかみない

前に

ひとは、それぞれに、
あるものを、自分のみたいようにしかみていないのかもしれない


ということを書いた

思えば


ひとは

自分のものがたりを生きているのでは?

この世界を、自分の思う物語として見て、その中で生きているように思う


(ちょっと書き留めておく)
[PR]
by so-kuu | 2013-05-07 12:09 | 茶禅一味 | Comments(0)
<< 一座建立という奇跡 たんぽぽの綿毛 (マイ歳時記 ... >>