大名 (井戸茶碗拝見記【番外】)

◎+萩茶碗 銘 大名

観たかった一碗
根津美術館「遠州・不昧の美意識」展にて

形よし
高台・腰が高い、のびのびとした井戸形茶碗だ
腰から高台の削り、竹の節がハッキリと手強い
見込にクルリと刳り有
目跡なし
初期萩焼の土で
釉薬は薄いようにも見える
御本の斑文が一面に出ているのはちょっと派手かな


*朝鮮で焼かれた井戸茶碗でない、ということで、「井戸茶碗拝見記【番外】」とした
でも、素晴らしい一碗だと思うなー









[PR]
by so-kuu | 2013-03-29 12:50 | 茶道具 | Comments(0)
<< 三芳野 (井戸茶碗拝見記) 堅手茶碗 銘 長崎 >>