美濃 (井戸茶碗拝見記)

b0044754_13145251.jpg


井戸茶碗を、よーくみてみる

美濃

五島美術館、「時代の美 第4部 中国・朝鮮編」にて


展示室のショーケースに

遠くから近付いていくと

大きい

たっぷりとしたスケール感がある

近づいてゆくと

大きいながら、
胴は意外と切り立っている

解説をみると、
それでも、
直径15.3センチあるとか
(因みに、重さは387.8グラムとか)

かすかに端反り
口は厚め
釉薬も厚いようだ

貫入に変化あり
また
釉の色も
枇杷色をベースに、赤みがかったところあり、また青みがかった釉垂が景色になっている
この辺り、ちょっと有楽井戸をも思わせる
(特に内側の貫入や釉肌が似ているように感じた)

内外共に、轆轤目は目立たない
内側の底付近には渦巻き状の刳り跡あり
目跡は4つ

緩やかなカーブを描く胴のラインを
腰から高台にかけてザーッと削り取ってある

腰は高め
高台は竹の節

面白いのは、
腰から高台の削りに角ばった感じがない
腰も高台も
なんだか、まるん、としている
釉薬が厚く覆っているように見える

釉薬が厚いのか?
釉薬の質の問題か?
それとも、削り取った土側の都合でそうなるのか?
僕にはわからないけれど
とにかく、
この、まるん、とした感じが、美濃井戸の最大の個性ではないだろうか?

高台内には兜巾あり

改めて、全体の様子をみてみる

実に立派

たっぷり、雄大な感じ

で、すこし、柔和にも思える

遠巻きに眺めてみる

うーん、

堂々とした、存在感がある

井戸茶碗らしい井戸茶碗

井戸茶碗中の優品のひとつだ、と思う



追記:


つい1時間程前に、

三芳野井戸を観たばかりだった

比べてみると、

三芳野は、やっぱり、ナヨいように思う

遠州さんってひとは、彼独自の美意識があった、とされる

「キレイさび」などと呼ばれる

松平不昧公も
「道具は遠州」と言って、
その美意識を受け継いだ一人らしい

そういう彼らにはいい茶碗なんだろうな

そう、

キレイ、といえば、キレイなんだよな

そのキレイさが、僕には、ちょっと・・・なのだけれど


美濃井戸は、

特に遠州所持と言うことではなく、
姫路藩主、酒井宗雅から松平不昧に渡った茶碗、とか

三芳野と美濃なら、

僕は、美濃だな


美濃は、三芳野と通じるキレイさも持ちながら、三芳野とは非なるもの
むしろ
有楽井戸に近い印象を受けた

有楽井戸より、ドシッとした感じもあるかな

いや、それはどうかな


b0044754_13151355.jpg



追記2:


他に、六地蔵・忘れ水、などと言った、遠州遺愛の井戸手の茶碗も、
彼以前に好まれた井戸茶碗とは、ちょっと趣を違えている

人真似でない、自分の茶の湯を体現することが茶の湯の本道ならば、

遠州さんは立派な茶人・数寄者だ

僕とは全く趣味が違うけれど、リスペクトしたい、と思う
[PR]
by so-kuu | 2013-03-29 12:55 | 茶道具 | Comments(0)
<< 向付 鯛の昆布〆 三芳野 (井戸茶碗拝見記) >>