「大名物」 (と「名物」・「中興名物」)

「中興名物」は、名物だろうか?

なんてことを、前回、書いた
けれど


じゃあ、古い方がいいのか?っていうと、また微妙

今回は「大名物」について

---

まず、だいたいの定義として

●「大名物」
 ・・・主に室町時代に足利将軍家が所持していた道具(東山御物)と、利休時代、すでに最高位に評価されていた道具。)

●「名物」 
 ・・・主に利休時代に著名になった道具をいう。織田信長や豊臣秀吉が千利休や津田宗及らに選ばせたり、名物狩りと称して収集したコレクション)

●「中興名物」
 ・・・小堀遠州が取りあげた道具を、後年松平不昧が「中興名物」と名付けたもの

としておく


---

前回は、“中興名物は、大名物・名物のセレクションに漏れていたもの”というようなことを書いたけれど。

古ければ、古いほど、いいのか?

中興名物より名物、名物より大名物が優れているのか?

というと、これまたそうでもないような気が

---

特に、昨今のいわゆる茶道界においては、

利休神話・利休信仰が強く、また、千家の流れを汲む流儀の勢力が強い、と言えるだろう

すると、

利休居士の頃に、利休のいわゆる“侘び茶”の視点で選ばれたもの

=「名物」が、最も人気が高いように思う

---

それは、『山上宗二記』にてすでに始まっていて

例えば東山御物に数えられるような品(=大名物)についても

「当世にては不要」みたいに切り捨てられている

(こうした記述が、昨今の茶の湯名物道具観の礎にもなっているんだろうな)

そんな風に

「大名物」が以外と人気なかったりする

---

例えば

立派な唐絵は小間の床に収まらないからなー、とか

出番を考えると、古い天目茶碗より、断然、楽茶碗だよな、とか

大きな茶壺なんか実際要らないよ、とか

---

してみると、

大名物 < 名物 > 中興名物

みたいな感じが昨今の大勢かなー、と感じられる

言い換えると、

利休以前の茶人セレクト < 利休 > 遠州セレクト

という感じか

---

とはいえ、

モノの好みは、人それぞれ。

遠州が好きなひともいてよし。
利休が好きなひともいてよし。
利休流ではない古の茶人が好きなひともいてよし。

茶の湯は、それぞれだから、面白いんだし。

---

僕も、
しばらく前まで、
「大名物」を敬遠していた
ちょっと古臭過ぎる、というか、
利休時代の美意識で選ばれた「名物」の方が面白く見えて

でも、最近、ちょっと見方、見え方が変わってきた

秋に徳川美術館を訪ねてから、かな?

(そのことは、追って書きとめておこうと思う)

---

いずれにしても、

今度、根津美術館で、「遠州・不昧の美意識」という展覧がある。

楽しみに、観に行こう。

中興名物と、遠州さんの眼と、出会ってみよう、と思う。

また、名物・大名物と、比べてみよう、と思っている。


で、
やっぱり、ああだこうだ言わず、

裸の目玉で、モノと向き合ってみようと思う。
[PR]
by so-kuu | 2013-02-09 22:17 | 茶道具 | Comments(0)
<< 茶杓を削って、知ったこと (自... 初午2013 >>