金地院 その2 (井戸茶碗拝見記)

○井戸茶碗 金地院

2回目の拝見
1度目は、大したもんじゃない、と思った
いや、
やっぱり、なかなかの品だ
すごくいいか、というと、そうでもない
けれど、なかなか

特徴は、大振りだ、ということだろう
たっぷり、大らかな感じ
やや腰が低く、大きく広がる器形
口が厚いのも特徴か
貫入が粗いのがイマイチ

並んでいた

越後

はよかったなー


b0044754_19261915.jpg




関連記事:

初めてみた時のかんそうはこちら
金地院 (井戸茶碗拝見記)
http://sokuu.exblog.jp/11206014/

[PR]
by so-kuu | 2013-02-05 22:25 | 茶道具 | Comments(0)
<< 静嘉堂文庫美術館 曜変・油滴天... 越後 その2 (井戸茶碗拝見記) >>