静嘉堂文庫美術館 曜変・油滴天目 茶道具名品展

b0044754_19352197.jpg



静嘉堂文庫美術館を訪ねた

「曜変・油滴天目 茶道具名品展」



・曜変天目(稲葉天目)

国宝
日本に伝わる曜変天目3碗のうちのひとつ

でも
別に興味なし

但し、


◎尼崎台

稲葉天目に付属の天目台
きれい渋!
*徳川美術館で見た時の方がグッときたな


<掛物>

立派なの多し
虚堂智愚とか
中峰明本とか
寸松庵色紙(伝紀貫之筆)とか
小倉色紙(伝藤原定家筆、紙荒れまくり)とか

 
<花入>


・古田織部作 竹二重切花入

大きい
後ろにのけぞっている
(のは、お武家にはちょっとどうかな?)



○砂張舟形釣花入

小さい
カワイイ

 
<香合>


◎古染付荘子香合

地の白、染付の青共にスッキリ


◎祥瑞鳥差瓢箪香合

瓢箪形
ションズイの青に、丸い白抜き
その白抜の中に鳥が遊んでいる
カワイイ


○呉州赤絵小丸香合

チビ丸、って感じ


<釜>


○住吉釜

芦屋
真形
赤茶肌


◎舟形釜 伝・大西浄清作

舟形・・・珍しいナリ
舟の前後に鐶付


<水指>


・珊瑚釉砂金袋水指
・砂張鮟鱇水指

共に、川上不白ゆかりの品


<茶入>

○唐物茄子茶入 付藻茄子

大名物
九十九茄子とも
大阪の陣後に、藤重藤厳親子による漆繕いで修復


◎唐物茄子茶入 松本茄子(紹鴎茄子)

大名物
武野紹鴎所持
大阪の陣後に、藤重藤厳親子による漆繕いで修復


・唐物肩衝茶入 小肩衝

たまに見る、ぶどう色っぽい釉色


○唐物茄子茶入 利休物相(木葉猿茄子)

大名物
“黄茶色”の釉がクリーミーな感じ


◎唐物肩衝茶入 山井(樋口肩衝)

大名物
10月の名古屋・徳川美術館以来2度目の拝見
師匠坊に似た手だな、と感じていたが
師匠坊より、ドシッとした感じ
釉色もより暗い


○数茶入 十八口揃 野々村仁清作

さすがにお上手
特に目についたのは
・肩衝・・・美形
・常陸帯・・・美麗


<棗>

・黒塗大棗 利休在判

覚々斎・如心斎書付
やや角ばったナリ


・古織好 柳棗 中村宗哲(三代)作

ごく普通にみえた
すんなりとした作、ということか

◎八重菊蒔絵大棗 原羊遊斎作

松平不昧好
好み物史上でもなかなかの名作だと思う


<茶碗>


◎井戸茶碗 越後

2回目の拝見
1度目は、キライだな、と思った
いや、
やっぱり、いいなあ
前に見たときほど薄汚れて見えない(のは何故?)

ナリは井戸の一典型といえるのでは
コロも大きくはないが小さくもなく
竹の節高台の削りも
やや腰高の削りもいい
見込にヘソ
目跡5つ
カイラギは細やか
枇杷色もよく
何より引かれたのは、貫入の細やかさ!


b0044754_19213017.jpg



○井戸茶碗 金地院

2回目の拝見
1度目は、大したもんじゃない、と思った
いや、
やっぱり、なかなかの品だ
すごくいいか、というと、そうでもない
けれど、なかなか

特徴は、大振りだ、ということだろう
たっぷり、大らかな感じ
やや腰が低く、大きく広がる器形
口が厚いのも特徴か
貫入が粗いのがイマイチ


△御所丸茶碗 黒刷毛目

希少価値からか?
評価の高い、御所丸
僕は好きでない
(同じく数の少ない手でも、伯庵は好きだ)
理由はいつかまた書こうかな


△黒楽茶碗 紙屋黒 長次郎作

鴻池家所持
川上不白の江戸下向に際し、餞別として贈った、とか
たしかに、不白好みの楽茶碗の祖形となったかもしれない
大ぶりで、
腰が張って、
デフォルメされたようなゴツゴツ感あり
僕の好みではないな


○高取茶碗 一文字

半筒形
素直なナリ
肌はややカサつき素朴な感じ
遠州好みの中には、独特のナヨ感あるもの有
これはちがって
好印象


○呉器茶碗 無一物 野々村仁清作

お上手


◎銹絵染付春草図筒茶碗 尾形乾山作

小振りの半筒形
ナリよし
見込平ら


○御本写銹絵富士図茶碗 清水六兵衛(初代)作 月僊筆

ナリよし
肌きめ細かい


<茶杓>

今回はよい茶杓が沢山、見応えあった


◎+竹茶杓 かりがね 細川三斎作

b0044754_1922256.jpg


やや下がり節
軽い蟻腰
順樋
櫂先は蓮弁形(やや兜巾たつ)
切り止め僅かに細くなり
二刀止めかな

筒は一部に皮を残し
「可りか年 三」

そして、何より

薄い!

*つい先日仕上げた自作の茶杓
きしゅそを意識して薄作にしたつもりだった
けれど
もっと薄くてよかったかも
手を入れようかな?どうしようかな?


○竹茶杓・共筒 芦分船 久田宗全作

b0044754_1922288.jpg


オーソドックスなナリ
蟻腰の裏部分が直線的で、節辺りは厚い
櫂先に向けたっぷりとした感じ
丸櫂先
切止をやや丸め込んでいる


◎竹茶杓・共筒 友鶴 片桐石州作

b0044754_19224970.jpg


下がり節
ごく僅かに節裏を刳っている
櫂先伸びやか
ゆったり丸撓め
流麗な連弁形櫂先
切止方形
おっとり、切り止めにかけて、ソゲあり

筒は真削り
〆は長方形
「友鶴 花押」


△茶杓・共筒 月・雪 川上不白作

b0044754_19231220.jpg


筒には
「作 二本入 月 雪」
箱蓋裏に
二行で
「クハリン珠徳写 竹 節ナシ」

一本は、花梨
珠徳写だと言うが・・・

もう一本は、竹

うーん・・・
アスパラガス。
横から見るカーブが艶っぽい感じ


○竹茶杓・共筒 半身 千宗旦作

b0044754_19234380.jpg


宗旦自作
直腰、といっていいだろう
わりと厚め
撓めゆるく
櫂先は、いわゆる左肩下がり
節下がやや眺め
切止近くにスガレ
二刀止かな

筒は行
月の字のような長方形のような〆
半身 宗旦
と直線的細身の字

*「宗旦茶杓は全て自作で、侘び茶を体現した名杓が多い」とひとの云う
今のところ、僕は、それほど、しびれたことがない。
先に名古屋では、「弱法師」1本だけを目当てに昭和美術館まで行ったけれど、
待っていたのは、病身みたいな一本だった。
今後もいろいろ見てみよう、と思う。


○猿曳棚 地袋板絵 伝狩野元信筆

古田織部の好み、または所持とも
今に伝わって定番化していない、
こうした好みものをみるのも楽しいものだな
今はなき桃山の茶の湯に思いを馳せてみる・・・



(以上、備忘録)
[PR]
by so-kuu | 2013-02-05 22:40 | 茶道具 | Comments(0)
<< 「七里」と「十王」 、「時雨」... 金地院 その2 (井戸茶碗拝見記) >>