徳川美術館 「徳川将軍の御成」 6 十一代将軍家斉の御通抜

徳川美術館 「徳川将軍の御成」 6


 十一代将軍家斉の御通抜


△責紐釜 名越浄味作

小振り
ザラリとした艶消し仕上げ
フタは古鏡
責紐釜は好きで、観てみたけれど、
いかにも時代の下る写しもの、という感じ


○唐物丸壺茶入 銘 唐丸壺
大名物 南宋 12-13c


☆龍図   陳容筆 足利将軍家・織田信長・豊臣秀吉所用 南宋 13c
☆虎図 伝・牧谿筆 足利将軍家・織田信長・豊臣秀吉所用 南宋 13c

超大版
ド迫力


☆馬図 伝・雪舟筆 三幅対 江戸 17c

江戸作ならば、「伝」も要らないと思うんだんけど
絵は、とてもよし
カワイイ


・唐物茶壺 銘 安国寺
名物 元-明 14-15c

釉の感じ、ポツポツとたまる気色が、スウェーデンのラウス焼みたいな感じ


・天明車軸釜
室町 16c


・漢作唐物茶入 銘 靫(うつぼ)
豊臣秀吉所用
足利将軍家・細川家伝来
大名物 南宋 13c

細身の肩衝ながら、わずかに下膨れ
飴釉
[PR]
by so-kuu | 2012-12-26 21:25 | 茶道具 | Comments(0)
<< 元旦 2013 徳川美術館 「徳川将軍の御成」... >>