昭和美術館 館蔵優品展

関西茶数寄の旅の帰りに名古屋に寄る
ついでに昭和美術館に行ってみた

「館蔵優品展」

お目当てはひとつ、


○竹茶杓 銘 弱法師 千宗旦作

細い
長い
折り矯めで、左に曲がっている
露はいわゆる左下がり
節にスガレあり
節下細い
全体に病身を思わせるよう
銘もそうだけど、ブツも陰気だ
どんな茶の湯に合わせて面白いんだろう?
能の幽玄?
筒は追筒「宗旦作」とあり角印でしめてある
外箱には「宗旦茶杓」とあり、「香雪斎」の桜形シールが貼ってあり、藤田家伝来の品と判る

b0044754_14101650.jpg



*因みに、千宗旦の茶杓「弱法師」は1本ではなく複数存在する
根津美術館の宗旦「よろぼし」については別ページにて


他に・・・


・竹茶杓 銘 有明 松平不昧作

弱法師のあとに観ると、実に全う、健康的に見える
すんなりとしたナリ
露はわずかに兜巾が立っているか
切止は石州形の方形で面取りしてある
筒は僅かに胡麻竹の皮目が残る


◎葉雨 天祐和尚筆 江戸初期

◎小倉色紙 「あわれとも」 藤原定家筆 鎌倉初期

○中峰明本墨蹟 藤田家伝来 南北朝

○瀬戸黒茶碗 銘 垣根 桃山

◎備前細水指 京中村鴈半伝来 桃山

○菊桐蒔絵竹中次

○丸釜 辻与次郎作 桃山
荒れ肌、あばた有

☆古銅龍耳一輪花入 武野紹鴎所持 明時代
小さい
細い
繊細
優美
盆もまたよし


(お庭・露地・茶室も拝見・・・ちょと荒れていて寂しいかな)


b0044754_14223266.jpg

[PR]
by so-kuu | 2012-12-12 12:45 | 茶道具 | Comments(0)
<< 徳川美術館 「大名の数寄」(第... 茶の湯名碗展 野村美術館 >>