徳川美術館 「大名の数寄」(第2展示室)

10月に関西へ旅した

大阪で旧友に会うのと、四君子苑をみるのが主目的

旅程を組んでいると、
名古屋の徳川美術館でどえりゃあ展覧会やっとるでよ、との報あり
WEBサイトで出品目録を調べると、なんだかもう、いわゆる名物茶道具のオンパレード

大阪京都の帰りに、是非とも大曽根・徳川園に寄ることにしたのだった

「徳川将軍の御成」(徳川美術館)

---

で、その特別展の前の、常設展示室も大したもので

b0044754_13462957.jpg


 「大名の数寄」(第2展示室)

「猿面茶室」が復元されていて、そこに立派な茶道具が並ぶ

○漢作唐物茶入 銘 宗無 大名物

○竹茶杓 伝千利休作
櫂先広過ぎ?

○井戸茶碗 銘 東大寺 松尾只楽斎所用 岡谷家寄贈
端正、大らか


◎武野紹鴎書状 常智宛

・青銅花生(方壺) 名物
デカ!

・唐物茶壺 銘 人麿
立派
暗い茶褐色
甑が高い

・瀬戸菊花天目茶碗
暗い色調

・青磁袴腰香炉
やや緑がかってくすんでいる

・香木 伽羅 銘 初音・藤袴(蘭)・白菊・柴船 (一木四銘)
先日みた伊達政宗宛て徳川家光の書状「柴ふねの文」の柴船だ

☆柿の蔕茶碗 銘 京極 高松家寄贈
すばらしい
見込浅い
内側は色味明るい
外側はカセていて薄い薬と土の味がうかがえる
毘沙門堂(畠山美術館)よりずっと好き
(大津は未見)
[PR]
by so-kuu | 2012-12-12 12:50 | 茶道具 | Comments(0)
<< 徳川美術館 「徳川将軍の御成」 目次 昭和美術館 館蔵優品展 >>