茶の湯名碗展 野村美術館

野村美術館に行った

「茶の湯名碗展」

こちらは、いつも前期・後期で大幅に展示替えがあって
本当は、前期に来たかった
・坂本井戸
・御本立鶴茶碗
・狂言袴茶碗
・熊川茶碗 銘 霊雲
・本手斗々屋茶碗
・本阿弥空中茶碗 銘 本法寺
・瀬戸唐津茶碗 銘 冬の月
・高取茶碗 香久山
・膳所焼茶筒形茶碗
・高台寺蒔絵棗
・豊臣秀吉共筒茶杓
などが観られず残念ながら、
今回は、あくまで四君子苑を観に来たのだ、と自分に言い聞かす

で、後期展示


b0044754_13231046.jpg



☆彫三島茶碗 銘 池水

彫三島手の中でも優品だろう
青灰色でなく赤茶系の代表格か
外花手ではない、というのもポイント
外側は彫三島文が2段
内側は上から彫2段+花2段+底真ん中に花1つ
実になりがよく、茶が点てやすそうで、茶映りもよさそう
高台がしっかり高いのも特徴的か


☆本手蕎麦茶碗 銘 藤浪

釉はテロっとしている
見込、鏡の目跡は6つ
赤みと青灰色とのコントラスト有
蕎麦に特徴的な外側腰の段はほとんどない
轆轤はやや歪んで、口辺は僅かに高低あり
大きい、というのが最大の魅力ではないかな


△本願寺井戸茶碗

鉢サイズ


△小貫入茶碗

僕は茶の湯において肌フェチなので、
小貫入茶碗の細かな貫入をみるのが好き
けれど
こりゃ汚い?(灰青緑茶色、みたいな色)


△御本雲鶴茶碗

こっちは、キレイ過ぎ
後代の写しなんだろう


○銹絵山水画賛茶碗 尾形乾山作

絵は別に
小ささとナリがすごくいい


○御菩薩焼唐松茶碗

ナリが絶妙
腰のカーブ、曲線が素晴らしく
ふっくらと柔らか


・赤楽筒茶碗 銘 刀至 本阿弥光悦作

赤楽で筒
五岳というか、光悦らしい変化のある口まわり
面白い、と思うひとが使えばいいんだろう
光悦の茶の湯は好き嫌いが分かれるだろうな
いわゆるクリエイトしたいひとは好きかも
創作、とか作家性を求める昨今のアート愛好家にも受けるのかも
そんなんうるさいわ、ってひとは苦手かも


☆天命責紐釜

素晴らしい
鐶付は小さな四角形
肌は粗く、形のカーブが流麗、そのギャップが・・・
口は十王口で天明らしい雰囲気
蓋は平

b0044754_13253131.jpg


◎利休後窯茶入 銘 地蔵

の袋がステキ
ベージュ地に紺の龍文
肩の直下に紺のラインが一周している


*地下の中村康平氏茶碗展も覗いてみた
朝鮮ものの写しなど、茶碗が40ほども並んでいただろうか
茶碗の下に袱紗でなくケミカルな紫色の小さなフェルトが敷いてあったことが、色々なことを物語っているように感じた


(京都日帰り茶数寄美術館巡りを終えて、大阪に帰る。その前に鍵善良房のくずきりと、デパ地下で和菓子など・・・)
[PR]
by so-kuu | 2012-12-12 12:43 | 茶道具 | Comments(0)
<< 昭和美術館 館蔵優品展 泉屋博古館 住友コレクションの... >>