亥の子餅 

亥の子餅

猪の子供(いわゆるウリ坊?)を象った餅、とか
いにしえの宮中行事、玄猪の儀に由来する、とか

茶の湯では、炉開き(開炉)・口切の際に食べる、とされる

亥の子を象る、といっても、お店によって色々
色も形もちょっとちょっと違うのが面白い

(僕はあんまり写実的なのは野暮だと思っている)
(さすがに亥の子餅をリアルにしようという和菓子屋はないね)

味もまたいろいろ

今年のマイ炉開き・口切では
老松さんの



稽古でいつも頂くのが美味しいかな

僕は五行説で茶の湯を説明しようとするのは好きじゃないんだけれど

亥の月亥の日に頂く亥の子餅は、なんだか、いいな
[PR]
by so-kuu | 2012-11-22 23:41 | 菓子 | Comments(0)
<< 炉開きに食べるお菓子は・・・? 「旧暦亥の月初めの亥の日」 2... >>