湯木美術館 関西数寄者の茶道具

湯木美術館をたずねる

「関西数寄者の茶道具 -明治・大正・昭和 ビジネスリーダーたちの茶会」展

登場する数寄者は・・・

b0044754_147996.jpg


<大阪>

・鴻池善衛門幸方
・平瀬露香
・藤田傳三郎(香雪、魯庵)
・久原房之助
・寺田甚吉
・磯野良吉
・広瀬助三郎

<京都>

・船越和助
・平井仁兵衛
・岡本正三郎
・遠藤九右衛門
・三井高弘
・中村半兵衛
・湯浅七左衛門

<神戸>

・松浦卓
・柏木庄兵衛

<三重>

・諸戸清太

<名古屋>

・関戸守彦
・森川勘一郎(如春庵)
・織田徳兵衛
・八木平兵衛

<東京>

・井上馨(世外)
・益田孝(鈍翁)
・馬越恭平(化生)
・益田英作(紅艶)
・松永安左衛門(耳庵)


眼にとまったのは・・・


○信楽鬼桶水指 中興名物 (益田鈍翁)

デカ!
苧の桶、って感じ
筒形というより末広形
ちょと荒いか(先日根津美術館で観たものの方が惹かれたなあ)


○竹茶杓 銘 宗仙のおもかけ 片桐石州作 (益田英作)

端正
長め
すっきりとして潔い


◎古銅ソロリ花入 千利休・千宗旦・仙叟宗室所持 (松永耳庵)

スキッと見事


・染付雲堂手胴紐水指

小さめの水指として、なかなか


△井戸脇茶碗 銘 長崎 (平瀬露香)

井戸脇の名碗として知られる
けれど
僕にはいまいち
割れすぎてるのがイヤなのかな
なりも微妙な感じがする


○備前耳付水指 銘 水月 (藤田傳三郎)

なにか惹かれるところあり
なにかはわからん


○古萩筆洗形茶碗 (平井仁兵衛)

古萩っぽいザングリ感と筆洗の形がなかなか


◎南蛮芋頭水指 (益田鈍翁・森川如春庵)

かなり大きくてつや有こげ茶色、存在感あり、
なんか愛らしい
茶席にて面白いか、は使い方次第だな


△達磨絵賛 小堀遠州筆

絵も遠州なら珍しいな
上手ではない
好きでもない


☆色紙 「あききぬとめにはさやかにみへねともかせのおとにそおどろかれぬる」 源俊頼筆 (平瀬露香・藤田香雪)

仮名文字が流麗
さびさびとしてきもちがよい


△墨蹟 「茶道入」 清巌宗イ筆 (諸戸清太)

侘びの需(もとめ)にて書く、とか
茶掛ってやつのごく初期のものってわけだ
興味なし


◎御本刷毛目鉢 (平瀬露香・織田徳兵衛)

ゆがみあり
細かい波文キレイ


○唐物はりかねの盆 (柏木庄兵衛)

針金を編んだ盆、おもしろい


◎唐胴合子建水 (井上世外・藤田香雪・益田鈍翁)

ナリがすばらしくよい
ひとつの典型たりえる形だと思う


☆炉縁 沢栗 久以作 清巌所持

きゅういの沢栗炉縁、いいなー


○炭斗 手付瓢 吸江斎直書 (大阪・小大丸白井忠三郎所持)

手付きもいいな、ふくべの炭斗


○羽箒 鶴 主柄 竟求一閑作

立派で茶席がキリッとする感じ


(備忘録として)
[PR]
by so-kuu | 2012-10-29 21:35 | 茶道具 | Comments(0)
<< 滴翠美術館 瀬戸と美濃の茶陶 藤田美術館 藤田傳三郎の思い >>