柚と樅 ~利休と織部の言葉から (炉開き・初風炉のタイミング)

 
 
***

「利休ハ柚の色つくを見て口切を催し、古織は樅のわか葉の出る此、風炉の茶の湯よしを申されき」

(『茶話指月集』)

***



自然そのものを見つめる眼をもって

茶の湯を楽しみたいもの
[PR]
by so-kuu | 2012-11-07 18:00 | 自然ということ | Comments(0)
<< 吐く息の白く見えたら炉を開く 松風をきく その5 京松風 (... >>