老僧 (井戸茶碗拝見記)

古井戸茶碗 銘「老僧」を観た


井戸茶碗といってもいろいろあって。
老僧は、いわゆる小井戸(または古井戸)と言われる。

肌や色味は、まあ、井戸。
けれど、やや暗めで、ちょっと荒れてる。
シミもニュウも多い。

高台まわりのかいらぎがすごい。
ギラギラとひび割れ、ちょっと剥がれていたりする

そしてなにより、全体の大きさに比して高台径が大きい、ってのが一番の特徴かな
高台径が大きいおかげで、全体が小振りに見えるくらいだ

命銘はひょうげもの・古田織部。
「老僧」の箱書が織部の字という感じがしたし。
織部好み、って感じがする。

大阪は藤田美術館で観る。
藤田傳三郎追悼茶席の本席に相応しい格のある茶碗を、と取り合わされた、とあったが。
それほどのものでもないような気がする。
のは僕だけかな?


*あ、そうか!
この「老僧」は豊臣秀吉旧蔵だった
ならば、「今太閤」を自称した傳三郎翁には、格別の思い入れのある一碗か
そしたら、追悼茶会の主茶碗には、これなのかな
ちなみに、「蓬莱井戸」(別名「紹鴎井戸」)も武野紹鴎→豊臣秀吉と伝来して、現藤田美術館蔵のようだ
けれども、やっぱり「老僧」がベストだったのかな


これは、きっと、通好みな一碗なんだろう
好き嫌い、好み、ということの他に、
「老僧」の凄みはまた老練な茶人でないと判らないのかも

まあ、茶境というものがあるのかな

僕にとっては、今のところ、井戸と言えば、大井戸の雄大さ、大らかさ、が第一。
そして、井戸茶碗の魅力は潔く、衒いのないところ。

老僧は、明らかにそれとは違うタイプの井戸茶碗のように感じる。


老僧は、井戸茶碗の中でも、唯一無二の「老僧」手井戸茶碗だと思うなあ。


(いつかの日のための自分用メモ)
[PR]
by so-kuu | 2012-04-22 22:43 | 茶道具 | Comments(0)
<< 八十八夜 織田有楽大阪天満屋敷茶室(復元... >>