…しずかだ… (赤楽茶碗 銘 無一物 長次郎作)

赤楽茶碗 銘 無一物 長次郎作 をみた

「大黒」と並んで、利休好みの代表といわれる一品
所蔵する頴川美術館には去年の秋に行ったけれど、めったに展示されない、とか
根津美術館に来る、とあって
平日の午前中を狙って行った

第一展示室の唐物道具もそこそこに
お目当てのものに会いに向かう・・・


単品ケースに入って、第2展示室にポツンとあった、その茶碗は・・・















・ ・ ・   し   ず   か   だ   ・ ・ ・















静か。

言葉にすれば、そういうことか?

いや、何とも言い難い

あれは、一体、何なんだろう???



とにかく


無一物、

と名付けられた、その茶碗と

暫く、

ただ、

ただただ、

向かい合っていた






(感想、というのが、また書きがたいのだけれど。

器物としての詳細は、別ページで、改めて書いてみます。

下記画像はスケッチ。)


b0044754_11275626.jpg

[PR]
by so-kuu | 2012-07-26 12:54 | 茶道具 | Comments(0)
<< 土用と言えば・・・ (茶人の夏) 灰形をつくるとは、炭がよく燃え... >>