根津美術館 中世人の花会と茶会 (無一物・伊勢の海・白桃・柴田など)

根津美術館に行った。

先月はKORIN展・初夏の茶。
今回は、「中世人の花会と茶会」・「雨中の茶の湯」

唐物を中心とした室町期の名品と、
千利休に至る茶の湯の道具類。

特に、長次郎の赤楽茶碗「無一物」が頴川美術館から特別出品されている、というのが見もの。

気になった道具についてメモ。


・青磁筒花入 銘 大内筒

そっけないほど、実にすんなり
背面には掛け花入として使うための金具をつける穴あり


◎砂張釣舟花入

小型でカワイイ


◎茶壺 銘 四国猿

釉の飴色濃く、落ち着いてキレイ


○肩衝茶入 銘 松屋

いわゆる松屋肩衝
デカイ
肩はカッキリと張り、口づくりもカッチリとした造りだけど
まるん、としている

釉は赤茶で明るい色調
釉なだれはメラメラとしている
蓋にス入り

袋が4つ添っている
①龍三爪緞子…村田珠光好み
②木綿間道…千利休好み
③波梅鉢文緞子…古田織部好み
④捻梅唐草文緞子…小堀遠州好み

名物だけど、欲しいか?といえば、そうでもない


◎青井戸茶碗 銘 柴田

いわゆる柴田井戸

いやー、美碗だな
キレイ
なんか清々する

根津翁が「時代」(経年の汚れ)を落としたことに賛否両論あるようだが、
僕は支持したい

青井戸の代表とされるが
形・頃・具合と申し分ない


・雨漏茶碗

いわゆる雨漏手を代表する名碗、とか
僕個人には、ピンとこない

地肌はやや黄味がかっている
雨漏りは、薄むらさき色だなー

特に、外面の轆轤目と歪みゆがみの器形が、いまいち好きでないんだな


◎南蛮縄簾水指

ほんのわずか背が低めとも思える
素直な形が好もしい
縄簾文が細かくキリッとしてよし
肌合には変化なく、全体に暗く煤けた感じ

僕は南蛮縄簾水指が好きだ
あればよーくみてしまう
出光美術館のものが今まででは一番心に残っている


○信楽鬼桶水指 銘 龍鱗

轆轤目の巡る肌がグワサッとして荒々しい
初期茶人たちの眼、侘び好み、見立ての心が伺える一品だと思う

あと、
デカイ!
風炉釜が大きかった頃の好みかも
炉の四畳半に一つ置きにしてもかなり存在感あるなー
前に置き合わせる茶入・茶碗はどんなのにしようか、考えちゃうなー


◎黒漆大棗 羽田五郎作

黒漆はやや変色して茶紫色
蓋にひび有り、鎹が打ってある
形はやや角ばった紹鴎形
袋は、やはり紹鴎緞子
宗旦書付


△唐銅三具

利休→今日庵、とあり
そう?本当?
会記などの資料あるのかな?

△狂言袴茶碗 銘 ひき木

茶色い
疋田筒とはずいぶん違うな
金森宗和・久須美疎安の箱


・井戸香炉 銘 此の世

利休所持として知られる
井戸の香炉とは珍しい
けど、それ以上の何かか?


・茄子茶入 銘 志賀

ツヤツヤ
利休→道安→石州


・桑中次 千利休花押

「伝利休筆」とある
というのは利休筆ではない、ということ?
「利休筆」と「伝利休筆」の違いを、教えてもらいたい


さて、
2階の奥の展示室は、「雨中の茶の湯」のテーマで展示


◎土風炉 19世紀

すごくナリがよいと思う
キリッとしている
わずかに平たい
肩には丸み、腰はスパッとした角
蓮葉形釜とよくあっている
小板は真塗


となりには

・青磁雲鶴文水指

が合わせてある

わずかに小ぶりだが、ちょうどよいコロ

梅雨時のお茶に、黒と青とが清涼感を

茶器は赤茶の溜塗の

・竹中次

塗りになだれ様のものがあって珍しい


○雨漏茶碗 銘 千鳥

雨漏りでも
ポツポツしたのではなくて

大きな斑状に変色している


◎井筒蓋置 膳所

カチッと井筒型で膳所釉
なるほど、いいな、こんなのも


○鬼熊川茶碗 銘 白桃

僕は熊川茶碗が好きだ
けれど
どうも違うな

コロはやや小ぶり
ナリはいわゆる熊川形
見込の「鏡」は中サイズ

肌は・・・
外側に刷毛目のような荒れた水挽き跡が回る
内側には青みがかった釉が垂れている
釉はわりとツヤッとしている
そうか、その辺で「鬼」熊川って言うのかな

真熊川と鬼熊川の違いがわかったような気がする

僕が好きなのは、真熊川の方なんだな
特に独特の細かい貫入と肌の色合い

でも、カワイイよい茶碗


○祥瑞水玉文茶碗 景徳鎮窯

小ぶりの筒型でちょっと尻ふくら


☆瀬戸唐津茶碗 銘 伊勢の海

本手と皮鯨手との中間的
ナリ・コロ・グアイ(ここでは、風合いなど)、実によし
少庵井戸に似た形か
ゆったりとして
飾るところがなくて
茶が練りやすそう、茶が美味しく飲めそう

うれしい出会い


☆赤楽茶碗 銘 無一物 長次郎作

(・・・は別ページにて詳述)

[PR]
by so-kuu | 2012-06-23 23:00 | 茶道具 | Comments(0)
<< 灰形は山でなく谷である 長次郎作赤楽茶碗「無一物」の正... >>