「師匠坊」肩衝茶入 (名物茶入拝見記)

出光美術館へ行った

企画展示は「悠久の美」
主に青銅器。
だけれど、一部、いわゆる唐物茶道具も含んでいて。
その中に、茶入「師匠坊」があったので。

「師匠坊」一つに会いに行った。

b0044754_9511339.jpg


拝見するのは、2回目。
はじめて見た時に、なにかグッときた。
その後、いろいろと名物茶入をみたものの、
気に入るものは、めったになくて、
「マイ・ベスト・茶入」を考えてみた時に、
いつも候補に挙がるのが「師匠坊」だった。
それが、どのくらいのものか?
間をおいて、改めて、よーくみてみるために
また観に行ったのだった。


実によい。

なり・ころ・ぐあい
が実によい。

大き過ぎず、
でも、たっぷりとしている

形ナリは
「油屋肩衝」とも通じるものあり

けれど、全く違うのは、釉薬の色合・肌合
油屋は全体にかなり暗いトーンながら、メラメラとした茶釉が浮き立っている
(一般には、こうした釉薬の変化や垂釉の様子が茶入の大きな見どころとされる)
一方、師匠坊の釉は、焦茶色一色、といった感じ

明るくはない、けれど、真っ暗でもない、濃茶色
釉肌がマット
色合いの変化はほとんどない
垂れ釉の景色というようなところもほぼない

でも、つまらなくない
というのがこの茶入の名器たるゆえんではないだろうか
奥ゆかしさがあって、かつ自ずから品格が漂っている感じ

よーくみれば
下の方が土見せになっているのが、個人的には好き
1か所に丸い指跡がある、釉切れのラインも見どころ

展示目録にスケッチして帰ってきた

「師匠坊」は、もと奈良・東大寺の「四聖坊」の什物というところからの名で、
その後大名家を渡り歩いている。

東大寺四聖坊~
徳川家康~
山内土佐守一豊~
徳川将軍家~
藤堂高虎~
徳川家光~
酒井雅楽頭忠勝~
徳川将軍家~
紀州徳川光貞~
徳川将軍家~
前田綱紀

「大名物」だとは、今回初めて知った。
「初桜」などの他の大名物や利休好み・遠州好みの名物茶入よりマイナーな感じなのは面白いところ

袋は2種添っているようだ

浅黄緞子水草雁紋
間道織留

蓋二枚。
袋蓋箱、桐白木二個。
挽家、梅 中次吹雪。内箱、桐。
外箱、桐白木。
御物袋、白縮緬。


「師匠坊」


やっぱり
マイ・ベスト・茶入のひとつだな




[PR]
by so-kuu | 2012-05-11 15:04 | 茶道具 | Comments(0)
<< 即座に… 実感として 根津美術館 KORIN 「初夏... >>