紳士の装い術 (と亭主の心構え)

b0044754_1816574.jpg


ある紳士が、男の装いについて言った


***


注意深く選び
きちんと仕立て
ちゃんと着ること

そうして一度身につけたら
服のことは忘れなさい

決して人前で自分の着装を気にする素振りを見せたりしないこと
ネクタイやジャケットの襟・シャツの袖などに度々触れてはいけない


***


たまに思いだす、この言葉。


そして、これを「茶事」の亭主の心構えに当てはめてみると、また非常に面白い。


即ち…


(…またの機会に…)
[PR]
by so-kuu | 2012-03-21 22:48 | 茶事 | Comments(0)
<< it's gone i... バレエ / moving Zen >>