油屋肩衝 (名物茶入拝見記)

b0044754_12394854.jpg


茶入をみた。

「大名物」とか。
そんなことはどうでもいい。

「油屋肩衝茶入」と会い、向かい合って、みた。

大きい感じがするな。

姿も力強い。

肩がしっかと張っている。

反り返った口作りも美しい。

そして、肌合い。

暗褐色の、その黒々とした感じが佳い。
(茶入の薬について暗い黒い色を好むのは僕の趣味かもしれない)
釉の入り混じり具合は見るほどに複雑だ。

実にたっぷりとしているなあ。


…と、そんなところ。


どうしても欲しいか?と問われれば、そうでもない。

そんな、立派な「大名物」。


(畠山記念館にて)
[PR]
by so-kuu | 2009-11-27 12:15 | 茶道具 | Comments(0)
<< 「煙寺晩鐘図」 伝牧谿筆 (畠... 信長 (井戸茶碗拝見記) >>