上林 (井戸茶碗拝見記) 

b0044754_17453312.jpg
大井戸茶碗 銘 上林。

展示では「大井戸」とされるが、一般に小井戸(古井戸)とも言われる。

京都の茶商上林家の所持によりその名がある、とか。他に異説もあり。
小井戸を代表する名碗。
その上釉の白く流れ下った景はみごとで、他に類をみない。
小井戸としては高台は高い方で、竹の節もみられ、総体に厚手である。
高8.9 口径15.1 高台径6
(高麗茶碗 淡交社より)

確かに、小さい。
僕の思い描く「大井戸茶碗」は、もっと雄大だな。

釉薬のなだれ具合が最大の特色だろう。

好きか嫌いか?と言えば、まあ、どちらでもない。

肌合いは?
暗め、くすみめ。


三井記念美術館にて拝見。
[PR]
by so-kuu | 2009-06-08 12:23 | 茶道具 | Comments(0)
<< 井戸茶碗 無銘(織田有楽所持)... 十文字井戸(須弥) (井戸茶碗... >>